映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
2015年11月15日by 合田一彦
2015年11月15日by 蠣崎椿
2015年11月15日by 合田一彦
2015年11月13日by 合田一彦
2015年11月13日by 合田一彦
2015年11月13日by 蠣崎椿
2015年11月12日by 蠣崎椿
2015年11月12日by 合田一彦
2015年11月12日by 蠣崎椿
2015年11月11日by 合田一彦
2015年11月08日by 秋野英夫
2015年11月08日by 栗原 礼
2015年11月06日by 合田一彦
2015年11月05日by 東海 直樹
2015年11月04日by Emmanuel Chanel
2015年11月02日by 辻 晴雄
2015年11月01日by Yoko Sakakida
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
2015年11月15日 by 蠣崎椿 >>
合田一彦
打楽器は?

そういえば、アイヌの楽器としてはトンコリとムックリしか紹介されないけれども、打楽器は無いのだろうか。
打楽器こそ原初の楽器であり、心臓の鼓動に直接響くリズムであって、世界のどこの部族にもあり、戦の際に鼓舞する目的で使用されるものだから、あれほど部族間抗争が記録され、ユーカラにも謳われているアイヌに打楽器が無いというのも考えがたい。
マオリのハカなど、自身の体を使って胸を叩き足を踏み鳴らして鼓舞する、自らを打楽器とする踊りもあるけれど、そうした「身体に響く」ものこそ原初の音楽だろう。

そう思って調べてみると、イオンカ(尺八)とターク(陣太鼓)が在るらしい。
http://www.city.sapporo.jp/kyoiku/top/education/ainu/documents/2sho7.pdf

しかしまた、アイヌ音楽としては、そうした楽器は一部の部族にしか伝わっていない、という話もある。
http://goo.gl/hEU0Hd
---(引用)
昔、トンコリや太鼓がなかった地域では、必ず人が合いの手や手拍子などを返していたので「ウコウクウポポ」(互いに取る歌)とも言われる。
---(引用ここまで)

そうすると、アイヌ協会がアピールする「アイヌの音楽」だの「アイヌの」として「トンコリ」や「ムックリ」を紹介するけれども、これらは一部部族に伝わる(伝わっていた)であって、今は伝える人も無いから勝手に再現して「自称)アイヌ音楽」としているだけでは無いのだろうか。

ついで、これらを調べるうちに、札幌市教育委員会が提供する「アイヌ教育に関する指導用資料」の一部が有ったので忘れないうちにリンク。


11月15日 15:51
谷口 佳輝
基本的にトンコリは樺太アイヌの楽器だっていいますね。
11月15日 16:51
2015年11月15日 by 蠣崎椿 >>