映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
2014年10月30日by 峯木 貴
2014年10月30日by 日向 真人
2014年10月29日by 砂澤 陣
2014年10月29日by 永井 由紀子
2014年10月27日by 峯木 貴
2014年10月27日by Tsubaki Minezaki
2014年10月27日by 峯木 貴
2014年10月27日by Koichi Iidaさん (札幌市議会)
2014年10月25日by Tsubaki Minezaki
2014年10月25日by Tsubaki Minezaki
2014年10月25日by 砂澤 陣
2014年10月25日by Tsubaki Minezaki
2014年10月25日by Tsubaki Minezaki
2014年10月25日by Tsubaki Minezaki
2014年10月24日by Tsubaki Minezaki
2014年10月23日by Tsubaki Minezaki
2014年10月23日by Tsubaki Minezaki
2014年10月23日by 宮崎 二健
2014年10月23日by 仲村 覚
2014年10月23日by 仲村 覚
2014年10月23日by Tsubaki Minezaki
2014年10月23日by Tsubaki Minezaki
2014年10月23日by Tsubaki Minezaki
<< 2014年11月04日 by 佐々木 明子 2014年10月30日 by 日向 真人 >>
峯木 貴 峯木 貴さんが写真をシェアしました。
アイヌについて書かれた年表について、少し疑問点があったので書きました。

2014年10月30日
砂澤 陣
悪書を思いっきり引いてきましたね。
著者はアイヌでもなんでもないアイヌで食べてる髪結いの亭主?偏ったアイヌオタクですね。この本は本屋で立ち読みした程度ですが、彼の他の著書や書類を読んだ経験からですが、客観性に欠けた表現を用いていると思います。

アイヌは「人・男」という意味ではありますが、これをアイヌとここで使う事で皆さんアイヌは一つの集団出会ったという錯覚の様なものを持つんだと思います。
事実私もそう思ってきました。 

ですが、ここで単純にアイヌという言葉を使わずに日高地方、静内地方の人達若しくは部族の争いとという風に普通の言葉に直すと案外矛盾が見えてきたりします。

アイヌ関係の出版物は卑怯極まりないものが多いです。アイヌが強かった様な表現が用いられているのでしょうが、客観的に観ても所謂アイヌと呼ばれる土着の人々の多くは極めて好戦的で、土着間の間で頻繁に大きな争いがあり、それを松前藩等によって幾度も治められた事実には触れようとしません。

それとこの本のタイトルは所謂アイヌの儀式感から言って宗教という言葉を用いる事自体がカルト的に私は感じます。
2014年10月30日 13:46
峯木 貴
砂澤さん

ありがとうございます。

まだ、読み始めたばかりですが、この本のはじめの下りが、

アイヌに対する「差別落書事件」で始まっており、この本の筆者がアイヌに関心を持った事件である、と書いてあるため、アイヌの人ではないな、とは思っていました。

情報を客観的に判断して、洗脳されないよう読み進めたいと思います。
2014年10月30日 17:53
砂澤 陣
差別落書き事件に触れていますか?これも何かの機会にお話し致します。
2014年10月30日 18:03
<< 2014年11月04日 by 佐々木 明子 2014年10月30日 by 日向 真人 >>