映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
2014年11月29日by 山田 恒由
2014年11月28日by 近 三四郎
2014年11月27日by 栗原 礼
2014年11月27日by Bruno Jin
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月25日by Takahiro Saito
2014年11月21日by Tsubaki Minezaki
2014年11月18日by 佐々木 明子
2014年11月17日by Takahiro Saito
2014年11月16日by Takahiro Saito
2014年11月16日by 関口 邦彦
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月14日by 本間 正敏
2014年11月14日by 米澤 智憲
2014年11月14日by 金丸 彰秀
2014年11月14日by なかだ かず
2014年11月14日by 冨山 洋治
2014年11月14日by 砂澤 陣
2014年11月13日by 砂澤 陣
2014年11月12日by 日向 真人
2014年11月12日by 合田一彦
2014年11月11日by 宍倉 かおり
2014年11月10日by Tsubaki Minezaki
2014年11月09日by 神 正人
2014年11月07日by Tsubaki Minezaki
2014年11月07日by 太田 ひろみ
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by かめい 徽倖
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by まぢかな やつて
2014年11月05日by 砂澤 陣
2014年11月04日by 峯木 貴
2014年11月04日by 佐々木 明子
アイヌその真実 2014年10月
<< 2014年11月06日 by まぢかな やつて 2014年11月04日 by 峯木 貴 >>
砂澤 陣
『国が知っているアイヌ政策の大嘘』
アイヌ政策の税金詐取の構図で一番分かり易いのがアイヌ修学貸付金であろう。21億円以上が返還免除され、この新聞記事では触れられていないが、返済をいまだに行っているのは「たった一人」で過去の卒業率もこの数字に等しい。
チェックされないのをいい事に、放送大学に通っている事にし十数年間に渡り給付を受け続けてきたアイヌ協会副理事で札幌支部長の阿部一司一族。給付を受ける権利がないのにも関わらず住所を偽り給付を受けた関東ウタリ会会長で国のアイヌ政策推進会議に在籍する丸子美記子や北海道大学准教授の北原次郎太。アイヌの権利を声高らかに謳う萱野茂と息子の志郎親子書き上げれば、それだけで一冊の本になる。
この21億円は何処に消えたのか?
パチンコ・麻雀・競馬の遊興費
生活費と色々ではあるが「修学に使われたのはほんの一部」である。
これだけの問題を抱えているにも関わらず、札幌大学では「ウレシパ修学資金」という制度があり、一般企業から献金を集めアイヌの子弟を大学に通わせようと言う制度があり、これを企画したのは北大出身の本田優子という人物なのだが、国の政策を受けているとウレシパ修学資金を受けられないので国の政策を受けていると言わないようにと詐取を指示して北海道議会でも問題になったが、いまだ御咎めなしで札幌市のアイヌ政策審議室にも在籍している。
こんな政策がある以上、アイヌカミングアウトして差別を適当に語って着物を着て出まかせの踊りを踊って高額なギャラが貰えて悪さをしても御咎めを受けないなら楽な商売である。
おまけに、アイヌの定義がないので愛人だろうと友達だろうと実質誰でもアイヌになれる現状ではアイヌが面白くて仕方が無いはずである。
(誰でもというのは嘘でも誇大な表現でも何でもない)
こうした表現をすると何だ彼奴と思われるのを承知で書きますが、日本は大らかというか偽善的というか・・・・
国庫の予算で国を壊す制度が推し進められて、ありもしない差別をした!しているというレッテルを貼られているにも関わらず、そこに更に民族共生という美辞麗句に何故に疑問や怒りを覚えないのでしょうね?
所謂アイヌは外人でも何でもない同じ日本国民であり、日本国憲法の法の下に平等な権利を有しているのにアイヌ政策が存在するのは何故でしょう?
アイヌ政策は歯止めの利かない勢いで全国展開へ向けて加速しています。
定義のないアイヌが爆発的に増え、在りもしない差別が永遠に生み出される差別の再生産に飛びつく輩と政治に利用したい国は後を絶たなくなるでしょうね。
敗戦後日本は部落問題・在日問題・慰安婦問題・南京大量虐殺問題・沖縄基地問題等から何を学んだのでしょうね。
日本の珊瑚を盗み取る中国船も最初は数が少なかった・・・
この時点で的確な対応をしていれば珊瑚の被害も最小限に済ませれたでしょうが、ここまで漁船の数が増えて後手に回ってしまっては意味をなさないでしょう。所謂アイヌ問題もアイヌの数が暴発的に増えてから騒いでも後の祭りと思ってしまうのは私だけでしょうか?
アイヌ政策こそ逆差別だと私は思います。
*本田優子・(在学中は統一教会のサークルに在籍・現在は学会・アイヌ系と結婚し二風谷の博物館に務めるも離婚後、財)アイヌに務めアイヌ政策に精通しているがアイヌの歴史などに対しては極めて偏向的でオタクレベルの人物。
*阿部一司・元創価学会会員・学会内で不倫騒動を起し辞めるもいまだに関係は深く、不倫相手と結婚し現在ではアイヌ協会の副理事と札幌支部長を務める。アイヌ政策を受けられるも受けられないもこの支部長の判子一つでお金が降りるシステムになっており、札幌では諸悪の根源とも言える人物で、自身の妹が札幌支部の事務方を務めており、その娘は新党大地の多原かおり。
札幌で行われているアイヌ政策の詐取と住宅購入資金・修学資金の焦げ付きはこの人物に責任があると言っても過言ではない。

2014年11月5日
Tsubaki Minezaki
シェアします
2014年11月5日 19:27
Takahiro Saito
勿論、私もシェアします!
2014年11月5日 19:43
山田 恒由
勿論シェア致します。
2014年11月5日 20:36
Etsuko Obara
シェアさせてください。
2014年11月5日 21:20
Emi Ogihara
シェアさせて下さい。
2014年11月6日 7:48
神 正人
砂澤さん、多くは在日朝鮮人の背乗りと考えるべきでしょうか?
自伝本を書いた自称アイヌ人の北原きよ子さんの顔をどの様に見てもアイヌの女性には見えません。 シェアさせて頂きます m(__)m

2014年11月10日 11:11
砂澤 陣
神さん。コメントが遅れて申し訳ございません。ご質問を読んで色々どう変身するのがいいのか悩みました。
少し長くなりますが、拙い言葉になりますが予めご了承下さい。

神さんの言うアイヌの女性とはどの様な方を指すのでしょう?
どうみればアイヌというのでしょうか?
例えば。アイヌの者でない家族が居たとします。
5人家族で子供が3人の構成として子供三人が必ず両親のどちらかに似るでしょうか?似ている家族もあれば全く似ていないパターンもないでしょうか?
私の曾祖母は大陸系の所謂アイヌ系の人と聞いています。目鼻立ちはアイヌとは掛離れていますし、当時の古い写真から見ても目の色が少し違います。
又私の実母は佐賀の唐津出身です。
私も所謂混血ですが、数代遡ってある程度自分の出自を明確に出来る人は本当にごく一部で、それも血の定義を明らかにできるものでは決してないと思います。
これは所謂アイヌだけに限ったものでは無いはずです。

人類の歴史は常に流動しています。
その流動の中で人と文化の混合は常に行われてきました。
所謂アイヌも例外ではありません。
北海道の開拓使の中には、開拓民や屯田兵という言葉ばかりがクローズアップされますが、幕府の崩壊によって国を追われたものや色々な人達が北海道に入植しています。
明治期になると農業・林業・水産・炭鉱に従事するために多くの人間が入植しています。
ここでも、勿論多くの混交が行われているのは否定できない事実です。

当時の生活水準は私達が想像するものとは掛け離れた環境だったと思います。この中で、一攫千金や希望を持って北海道に入られた方も居ますが、その大多数が挫折し北海道を去っています。
この時に子供を置き去りにした事実も現に沢山あります。

北海道の旧土人と称された人達の古い戸籍が本来はあり、それを閲覧する事である程度の出自を確認できたのですが、今は法務省の地下に保管され閲覧は適いませんが、そこには名前は書いてあれど、両親の名前が記載されていないケースも多々あり書かれているのは「知るに問わず」つまり誰の子であるかは分からないが、ここの家の子として認めるという趣旨の言葉が書かれています。
これが、閲覧できると差別されるという旭川の所謂アイヌたちの申し出により閲覧が出来なくなり所謂アイヌも自分の出自を知る事が出来なくなりました。これは部落のパターンと類似しています。

文章だけで説明するのは非常に難しいのですが、所謂アイヌはアイヌと言う一つの集団だったものではありません。
白老・二風谷・釧路の鳥取等の地方には多くの所謂部落出身者が多く入植し所謂アイヌ系との混交も行われてきています。
炭鉱地には朝鮮系の方々が沢山入植されていたのも事実。

在日朝鮮人との混交があったとして、混交とは基本的に人の感情面でもあり非常にデリケートな問題だと思います。
似て非なる者ということと、アイヌ問題や在日問題を語る上で、そこを問題視する事なのでしょうか?

数日前に、古い所謂アイヌの写真と白老の博物館に務める所謂アイヌ系との違いをアップし一重だ!在日だ!と書き立て在日の成りすましだ!というポストを目にした時には正直に私は強い嫌悪感を覚えました。地方によって混交の度合いがあるのは必然であり、それを一部分だけ掻い摘んで罵る卑しさに怒りさえ覚えました。

政府により定められた旧土人というのは、所謂アイヌ系(エンチュウ・クリル)といったものだけではなく、「知るに問わず」と書かれた者までも含まれているはずです。
これゆえに歴史を客観的に解釈するとアイヌを民族とする事の矛盾と私達が今、アイヌと言う幻想の言葉に間違った解釈をしているのかが見え、そしてアイヌ政策の矛盾と、そこから生み出される負の連鎖を過去から学ぶと今後、日本で何が起きるのかは想像に容易いはずです。

アイヌ政策にアイヌの定義がありません。
これ程、危険な制度が他にあるでしょうか?
背乗りなどではなく、一度認められれば「背乗り」ではなく未来永劫アイヌとして認められる現実なのです。
在日云々ではなく、私達の国が定める制度とその制度を正当化するために歴史が捏造される事が問題とされる必要があると思います。

北原女史についての出自については、正直、私が申し上げるものではないので差し控えますが、私が調べているアイヌ政策の中で、北原女史は受ける資格のない修学資金を受けていたのは事実。
そして、次の様な根拠のないページが問題の本質を無視しているのも事実。
http://zainichilist.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

私も所謂アイヌの血を引いてはいますが、所謂アイヌ系からはシャモの手先w、同じ国の方からはアイヌの何々と言われる、ある意味での透明人間の様な者ですが、その立場からはっきりと言える事があります。
アイヌ政策については明確な血の定義と時限が要求される問題であり、帰属意識については別問題として語られ尊重されることが本来の姿だと思います。
所謂アイヌの血と日本人の血も引いてはいますが、佐賀の唐津焼きは半島から多くの職人が入りそこでも混交があったはずです。
ですから、もしかしたら私もその血を何十分の一かでも引いているかもしれません。でも、それとこの問題と何処に共通点があるでしょうか?在日悪しき論ではなく、あくまでも制度に問題がある以上、そこに解決点を求めるのが正論ではないでしょうか?

神さんと御面識はございませんが、お写真で申し訳ないのですが、私より先輩と推測致します。
先輩に対し拙い文章で意見するような回答で誠に申し訳なく思いますがお許し下さいます様。


2014年11月10日 16:35
Tsubaki Minezaki
陣さん
上のコメント投稿シェアさせてもらいます。
よく分かるし禿同です
2014年11月10日 18:13
山田 恒由
度々血の問題がコメントされますから、私の指を載せておきます。
仕事柄綺麗な指ではありませんが。
このタイプの指紋、統計的には日本人の中で極めて少なく、異国からの血によるものだと言われています。
私の家系は一応は・・ですが、日本人を名乗ったらダメですか?
山田 恒由さんの写真
2014年11月10日 18:20
神 正人
砂澤さん、私の問いに対して真摯に答えて頂き感謝致します。
私しこそ、紛らわしいコメントをしたことをお詫び致します。
文章を拝読させて頂きましたが、大変に分かりやすく、問題の深さが良く分かりました。
以前にアイヌ利権を利用しアイヌの方々では無く在日朝鮮人(日本人含む)がアイヌと称し、公金を搾取していると聞き腹立たしさを覚えました。
私はアイヌの人々に対して偏見はありません。誇りある人々であり公金を貪るとも思えませんでした、もしや利用されているのではと危惧する感情があり、質問をさせて頂きました。
今後ともご教示を宜しくお願いを致します。
2014年11月10日 18:42
砂澤 陣
椿さん。有り難うございます。でも禿同って読みも意味も分からなくてググって見るとw。
2014年11月10日 18:43
Tsubaki Minezaki
ネトウヨみたいやないですかっ!w
2014年11月10日 18:47
砂澤 陣
神さん。こちらこそご丁寧に有り難うございます。日本の根底を揺るがすであろう問題の核心を少しでも多くの皆さんと一緒に共有出来ればと思います。こちらこそ宜しくお願い致します。
2014年11月10日 18:53
砂澤 陣
椿さん。勉強になりました。w
2014年11月10日 18:56
<< 2014年11月06日 by まぢかな やつて 2014年11月04日 by 峯木 貴 >>