映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
2014年11月29日by 山田 恒由
2014年11月28日by 近 三四郎
2014年11月27日by 栗原 礼
2014年11月27日by Bruno Jin
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月25日by Takahiro Saito
2014年11月21日by Tsubaki Minezaki
2014年11月18日by 佐々木 明子
2014年11月17日by Takahiro Saito
2014年11月16日by Takahiro Saito
2014年11月16日by 関口 邦彦
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月14日by 本間 正敏
2014年11月14日by 米澤 智憲
2014年11月14日by 金丸 彰秀
2014年11月14日by なかだ かず
2014年11月14日by 冨山 洋治
2014年11月14日by 砂澤 陣
2014年11月13日by 砂澤 陣
2014年11月12日by 日向 真人
2014年11月12日by 合田一彦
2014年11月11日by 宍倉 かおり
2014年11月10日by Tsubaki Minezaki
2014年11月09日by 神 正人
2014年11月07日by Tsubaki Minezaki
2014年11月07日by 太田 ひろみ
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by かめい 徽倖
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by まぢかな やつて
2014年11月05日by 砂澤 陣
2014年11月04日by 峯木 貴
2014年11月04日by 佐々木 明子
アイヌその真実 2014年10月
<< 2014年11月06日 by かめい 徽倖 2014年11月06日 by まぢかな やつて >>
Tsubaki Minezaki
陣さんの投稿を見て思い出しました
直接アイヌや北海道で起きてる問題とは違いますが
思い出したお話です。
すごく有名なので皆さんも知っているかと存じますが
吉田兼好が「嘘」について考察された「徒然草」第73段です
最近、沖縄知事選挙で思うに
新しい知事が現職から那覇市長の翁長雄志に変わったら…嘘が嘘を塗り上げて本当になりアイヌ利権同様な琉球利権になるのでは?と危惧してやみません。
徒然草(上)
第73段 
世に語り伝ふる事、まことはあいなきにや
 世に語り伝ふる事、まことはあいなきにや、多くは皆虚言なり*。
 あるにも過ぎて人は物を言ひなすに*、まして、年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ*。道々の物の上手のいみじき事など*、かたくななる人の、その道知らぬは*、そゞろに、神の如くに言へども*、道知れる人は、さらに、信も起さず*。音に聞くと見る時とは、何事も変るものなり*。
 かつあらはるゝをも顧みず*、口に任せて言ひ散らすは、やがて、浮きたることと聞ゆ*。また、我もまことしからずは思ひながら*、人の言ひしまゝに、鼻のほどおごめきて言ふは*、その人の虚言にはあらず。げにげにしく所々うちおぼめき*、よく知らぬよしして、さりながら、つまづま合はせて語る虚言は、恐しき事なり。我がため面目あるやうに言はれぬる虚言は、人いたくあらがはず*。皆人の興ずる虚言は、ひとり、「さもなかりしものを」と言はんも詮なくて聞きゐたる程に*、証人にさへなされて、いとゞ定まりぬべし*。
 とにもかくにも、虚言多き世なり。たゞ、常にある、珍らしからぬ事のまゝに心得たらん、万違ふべからず*。下ざまの人の物語は、耳驚く事のみあり。よき人は怪しき事を語らず。
(解説)
世の中に伝わる情報というものは、「真実」では面白くなくて、うそを交えたものばかりが横行している。
有る以上に おおげさに、無いことまでも人は喋るものなの
時間や距離の隔たった「事実」を言いたいように作り話して、しかもそれを筆に書き留めてしまえば、それが定説となってしまうだろう。
その道その道の大家の優れたところなど
無知で無教養な人たちで、それぞれの道の大家のことを知らない者は、
むやみやたらと大家のことを神 様のように言ったりするのだが、
その道の専門家たちは、何とも思わない 。
見ると聞くとは大違いだ。
(語るそばから)すぐに露見するのも省みず。
間もなく根拠の無いことと知られてしまう 。
自分でも、まことの事とは思っていないにもかかわらず。
鼻っ先をピクピクさせながら嘘を語る。
げにげに もっともらしいように見せるべく、話のところどころを不審がったりして。
自分の名誉にかかわるような虚言でなければ、人は大して抵抗もしないものだ。
「そんなことはない」というのもどうでもいいという態度で聞いていと
否定しなかったばかりに、証人にさえさせられてしまう。
だから、何か聞かされたら、いつも語られる珍しくもない事だと思っていたならば、万事に間違いはないだろう。
2014年11月6日
Tsubaki Minezaki
こんな差別をうけた
こんな憎悪表現された
先住民族の土地奪った
言葉も狩りもした
文化や風習もとりあげた
そんな事をたくさんの人に言い伝え
紙面に載せ
知らない人が目にして
そうなのか?となる
そのうちに、それらが主流となり嘘が本当になっていく

この連鎖は止めなければならないです
2014年11月6日 0:11
Etsuko Obara
無関心が罪に思える昨今です。
進んで情報を入手しないと、マヤカシの世界に沈み込んで行きそうです。それでも、諦めません!ずっと諦めません!!!
2014年11月6日 8:23
Tsubaki Minezaki
Etsuko Obaraさん
知った者が伝えるのは義務だと言われた事がありました。
無関心は罪…そうですね
2014年11月6日 11:15
<< 2014年11月06日 by かめい 徽倖 2014年11月06日 by まぢかな やつて >>