映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
2014年11月29日by 山田 恒由
2014年11月28日by 近 三四郎
2014年11月27日by 栗原 礼
2014年11月27日by Bruno Jin
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月25日by Takahiro Saito
2014年11月21日by Tsubaki Minezaki
2014年11月18日by 佐々木 明子
2014年11月17日by Takahiro Saito
2014年11月16日by Takahiro Saito
2014年11月16日by 関口 邦彦
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月14日by 本間 正敏
2014年11月14日by 米澤 智憲
2014年11月14日by 金丸 彰秀
2014年11月14日by なかだ かず
2014年11月14日by 冨山 洋治
2014年11月14日by 砂澤 陣
2014年11月13日by 砂澤 陣
2014年11月12日by 日向 真人
2014年11月12日by 合田一彦
2014年11月11日by 宍倉 かおり
2014年11月10日by Tsubaki Minezaki
2014年11月09日by 神 正人
2014年11月07日by Tsubaki Minezaki
2014年11月07日by 太田 ひろみ
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by かめい 徽倖
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by まぢかな やつて
2014年11月05日by 砂澤 陣
2014年11月04日by 峯木 貴
2014年11月04日by 佐々木 明子
アイヌその真実 2014年10月
<< 2014年11月18日 by 佐々木 明子 2014年11月16日 by Takahiro Saito >>
Takahiro Saito
『泥沼の二風谷ダム』 No 3
 再度、私は二風谷ダムに関する資料に目を通してみました。
すると一部の資料から「萱野茂、ダム推進派」の文字を見つけてしまいました。
 後日、私は二風谷集落ではなく隣町に住む反ダム派のAさんのもとへ伺う事にしました。
 そして私はAさんと初めてお会いし、幾つかの質問をしてみました。
「アイヌの聖地でもある二風谷が国の無駄な政策によってダムが建設され、あれから十数年たった今、周辺で様々な影響が出て来てますがAさんはどのように思われますか?」
 するとAさんは「アイヌの聖地ですか!とんでもない!!あそこの地は萱野茂氏が自ら放棄し、ダム建設に推進してた人ですよ!表面では反対派として国と闘って話題になってましたけどね。私たちにとっては今でも納得が行ってません!ましてあの集落だけが恩恵を受けて沙流川の下流域に住む人々は今、あのダムによってとんでもない影響を受けてるのですよ!」
 その言葉を聞いた私は予感が的中したというのか、もしくはデジャヴのような感覚に襲われてしまいました。
 二風谷ダム沙流川下流域の問題も私は以前から知ってはいましたが下流域の水枯れ、そして河口付近のホッキ漁捕獲激減、これも全て計算されてたことなのでしょう!萱野茂氏の。
 そして二風谷ダムが日高山脈から流れ出る土砂によってダム本来の機能を失い、そして本体が決壊する恐れもある事を!
まだまだ続きます。では明日!
2014年11月17日
山田 恒由
ダム機能の維持は水源管理の管轄ですよね?
定期的な点検業務と補修作業が行われるのが一般的ですが、それ程深刻な状態であれば、報告書類が必ず在るはずです。
北海道は特異なのでしょうか?
2014年11月17日 21:32
山田 恒由
それから、「これも全て計算されてたことなのでしょう!」について、何を計算していたと思われるのでしょうか?
現在がダム反対派、過去には推進派という事はわかりましたが、何故掌を返したのかは、結論付けるには少しグレーな気がします。
その辺りの詳細などをお知りならば教えて頂きたいです。
2014年11月17日 21:38
Takahiro Saito
山田さん、お返事遅くなりまして申し訳ございません。まずは二風谷ダムの件ですが国が計算してた予想よりはるかに早く土砂の堆積量が増え数年後にはダムの機能が失うとされてます。その土砂を除去するにはダムの総工費の倍以上の費用がかかるとされてます。本来、二風谷の名前の由来はアイヌ語から来てるのですが語源が『ニプタイ』(木々が生い茂る)又は(流木、薪)古代アイヌの説では(土砂)の言い伝えがあります。この沙流川は昔から大雨が降ると上流の日高山脈から大量の土砂、流木が流れ出し、この性質上ダム計画は最初から無謀だったと指摘されこの流域に住む人々は「ダムではなく堤防を高くするだけで済んだ事だったのでは」と言ってます。
2014年11月25日 19:42
Takahiro Saito
続いてこの二風谷ダム建設にあたって萱野一族が『反対派』か『推進派』だった件ですが萱野茂氏はこのダム建設反対を利用してアイヌをアピールする絶好のチャンスだったでしょう。これをきっかけに全国、そして世界にアイヌの存在を大きくする事ができたのですから。そして、たった8世帯が水没した事により恐ろしいほど多額の補償金を求め(比べては何ですが今年完成した夕張シューパロダムでは約2万人の炭鉱労働者が住んでた街が水没し、湖の底にはまだまだ石炭や砂金が取れるのです)結果的に萱野、貝澤一族は補償金とアイヌの利権を得る事ができたにもかかわらず二風谷の集落はアイヌの資料館、公園などが整備されてますが立派な建物は国が運営している沙流川資料館だけで(平取温泉も7月にリニューアルして立派でした!)他の施設等は半世紀前の時代で止まった様な寂れた世界です。
2014年11月25日 20:01
山田 恒由
後程じっくり読んで少し書かせて頂きますが、何やら違和感を感じます。
さらりと読んだ感想だけを書かせて頂きますと、結果に対しての不満を公表しても個人や特定団体だけに責任追及しても何ら意味の無い行為だと感じました。
物事ってのは必ず予定通り進む訳では無いといった一般的な認識も含めてですが。
2014年11月25日 20:35
山田 恒由
因みにこのダム、治水、利水、発電を兼ねる多目的ダムですから、治水だけを捉えての結果論や時代を読み違えた部分への不満は少し違う気もします。
2014年11月25日 20:39
<< 2014年11月18日 by 佐々木 明子 2014年11月16日 by Takahiro Saito >>