映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
2014年11月29日by 山田 恒由
2014年11月28日by 近 三四郎
2014年11月27日by 栗原 礼
2014年11月27日by Bruno Jin
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 合田一彦
2014年11月26日by 砂澤 陣
2014年11月25日by Takahiro Saito
2014年11月21日by Tsubaki Minezaki
2014年11月18日by 佐々木 明子
2014年11月17日by Takahiro Saito
2014年11月16日by Takahiro Saito
2014年11月16日by 関口 邦彦
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月15日by Takahiro Saito
2014年11月15日by Tsubaki Minezaki
2014年11月14日by 本間 正敏
2014年11月14日by 米澤 智憲
2014年11月14日by 金丸 彰秀
2014年11月14日by なかだ かず
2014年11月14日by 冨山 洋治
2014年11月14日by 砂澤 陣
2014年11月13日by 砂澤 陣
2014年11月12日by 日向 真人
2014年11月12日by 合田一彦
2014年11月11日by 宍倉 かおり
2014年11月10日by Tsubaki Minezaki
2014年11月09日by 神 正人
2014年11月07日by Tsubaki Minezaki
2014年11月07日by 太田 ひろみ
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by 西村 美幸
2014年11月06日by かめい 徽倖
2014年11月06日by Tsubaki Minezaki
2014年11月06日by まぢかな やつて
2014年11月05日by 砂澤 陣
2014年11月04日by 峯木 貴
2014年11月04日by 佐々木 明子
アイヌその真実 2014年10月
<< 2014年11月26日 by 合田一彦 2014年11月25日 by Takahiro Saito >>
砂澤 陣
個を個として見る場合に色々な物差しがありますね。
家族単位・地域単位・県民単位・国民単位
職業的視点や学歴的視点で私達は人を見る場合があります。
その他にも容姿や肌の色やファッションと書き上げれば切がありません。
これは、差別ではなく人が物事を考えたり判断する場合に必要不可欠な事柄だと言えます。
ですが。時と場合により、それが相手によっては差別的に受け取られたり否定的に受け取られる場合もありますね。
特に面識のない人達との、こうした場面での意見交換は難しいものが生まれますね。
そうした事をどう読み取るのか考察しながら意見を構築するのは簡単な事ではありません。
私も言葉が直球過ぎて度々トラブルを起こしますが、直球を自分の個性だとは言いませんし持ち味だとも自負はしません。
何故なら、それは自分の未熟さでもあり、少なからずとも意見を発する場合には、それが自身に対する言い訳になりかねないからです。
私が見た目によらず罵詈雑言やヘイトと呼ばれる意見やSNSなどでの汚い言葉や罵りや運動を嫌うのは、先にも書いた、人を見る時に、個として物事を見ながらも実は、その背景にある集(集団)として物を判断する場合が多いからです。
私もアイヌ問題では正直、言葉を選ぶ方ではありませんが、基本的に守っている事があります。それは自分で直接聞いて足を運んで調べたことを述べるという事です。
最初は誰も聞く耳を持ってくれませんでした。逆に売名行為だ!金儲けだと揶揄され今もされていますがww
それは笑い事ではなく実に多くの人の協力や理解と犠牲を伴っており一言で表現できる事ではありませんが、こうした場所を作って下さる方がいたり、いいねや返信をして下さる方が増えたという事は、本当に感謝しています。
特にこの問題では、色々な経験をしていながらも事実を述べてくれる人は本当に少数というより皆無に等しいとも言えます。
その中で、ポストや返信に多少の歪みも致し方ないとはいえ、意見や感想を述べた場合に、何処に落とし処を見つけるのかは難しいことではありますが、願わくばポストや返信を消さずにいていただきたい。
ここのメンバーになられた方で挨拶をして下さる方に私は一緒に勉強しましょうと書いて挨拶している以上、余程の悪態や誹謗中傷の言葉ではない限り削除の必要はないと思います。
この場を公開している以上、誰もが読むことが出来ます。
この場所にアンチ的な人達も含め、消したとしても誰がひな形をコピーしているかは分かりません。
今後、同じような事が起きた時に同じ対処をするのは、意見の構築にもならず無駄になってしまいます。
言いたい事は分かる!書きたい事も分かる!という分別のありそうなおじさんを気取ることも八方美人を装う事も私には無理ですが、理解、考察する努力はします。それは御国の為だとか大義は掲げませんが、少なからずとも自分の経験や協力者や興味や関心を持って下さる方々を極力裏切りたくないからです。
その気持ちの延長線上にあるものが、家族や取り巻き、そして郷土愛に繋がると信じているからです。
その意識が、問題の提議や改善解決に繋がるのではないでしょうか?
アイヌ問題を取り上げるのは、これまでタブーとされてきましたが、
ヘイトだ!差別だと言う何の根拠も持たない反論にもならない反論に対して明確な意見と方向性を見出すためにもポストの削除は避けませんか?
以前WILLに原稿を寄稿させて頂いた時に、担当の方が私に教えてくれた事があります。『書いて悩んだ時は、書いたものを一晩寝かせて、次の日にもう一度読み直して考えてみる』
ポストも返信も同じだと思います。
ポストも返信も自分が思う事だけが返ってくるものではありませんし
それだけを期待するものでは決してないと私は思います。
長々とすいませんでした。
次からは本題に戻りますね。
あっ!短い昼休み・・・・皆さんに甘えて誤字脱字の修正はしませんw
平に御容赦を!!!
2014年11月26日
砂澤 陣
Yukoさん。人それぞれに物差しがあるのと同じで、その時書いたことを否定的な側面でだけで捉える必要はないと思います。私のブログは放置どころじゃないですよw。
2014年11月26日 14:12
<< 2014年11月26日 by 合田一彦 2014年11月25日 by Takahiro Saito >>