映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
2015年02月28日by Takahiro Saito
2015年02月27日by Takahiro Saito
2015年02月25日by Takahiro Saito
2015年02月25日by Takahiro Saito
2015年02月25日by Tsubaki Minezaki
2015年02月24日by Takahiro Saito
2015年02月24日by 砂澤 陣
2015年02月23日by Takahiro Saito
2015年02月22日by Tsubaki Minezaki
2015年02月17日by Tsubaki Minezaki
2015年02月16日by Takahiro Saito
2015年02月13日by 砂澤 陣
2015年02月12日by Takahiro Saito
2015年02月11日by Takahiro Saito
2015年02月11日by 太田 博之
2015年02月10日by 太田 博之
2015年02月10日by 太田 博之
2015年02月10日by 砂澤 陣
2015年02月10日by 太田 博之
2015年02月08日by Takahiro Saito
2015年02月07日by Takahiro Saito
2015年02月06日by Takahiro Saito
2015年02月05日by Tsubaki Minezaki
2015年02月05日by Takahiro Saito
2015年02月05日by Wosam Takami
2015年02月04日by 峯木 貴
2015年02月04日by Takahiro Saito
2015年02月01日by Wosam Takami
2015年02月01日by Takahiro Saito
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年02月16日 by Takahiro Saito 2015年02月12日 by Takahiro Saito >>
砂澤 陣
耳が痛い事を書きます。(自分も耳が痛いです・・・w)
北海道には色々な風習・言葉・地名が存在します。
それは入植者・開拓者・絶えることなく行われてきた社会の系譜と混合の歴史の証
私は母親が佐賀の唐津出身で、父親は旭川出身の混合
遡れば曾婆ちゃんは大陸系の出身
色々な体験をしながらも母国日本国民であることに誇りを思う反面
SNS等を読んでいて切なくなるのは
【在子ちゃん!】【在ヌ】という言葉の横行・・・・・
単刀直入に表現しますがこれは単なる野卑の罵詈造語に過ぎませんね。
こうした言葉を吐き捨てながら自らの国を美化し他者を怪訝(けげ)することこそ母語で『卑しい』というのではないのですか?
写真一枚を取り上げてエラが張ってる!一重だ!という馬鹿げて硬直した思考の多い事・・・・
こう書いている私も拭えない血の定義で所謂アイヌに対する発言は言葉を選ばない時がありますが・・・・・
エラが張ってる・・・一重だ・・・・
馬鹿を言っちゃいけませんよ。
在日悪しき論で何を言うのも、それでいいねやリツィート集めて酔いしれるのもいいが・・・それではお聞きするが!
貴方の奥さん旦那子供に至るまで、一重は誰も居ないのですか?
誰も血の一滴も混ざってないのですか?血の定義と帰属意識を自らが議論を否定している差別主義者だと感じませんか・・・・と聞きたい?
DNAだ!家系だ!と騒いだところで「所詮、日本と言う国に胡坐をかいたウサ言葉」でしかない。
在日と言われる方々も三世~四世など当たり前
それ以前から絶え間なく所謂アイヌだけではなく大陸・半島・本土とも混合が行われてきている事実と自らの思考の停止を何処かで恥じない限りは、罵る相手にいいように手玉に取られ蝕まれるのが落ちではないだろうか?
こうした思考が硬直した隙間を卑しい国が付け入らないはずがない。
私は人気商売でも在特会の様に群れて罵詈雑言を撒き散らすことで正義だ愛国だと浸る立場でもなんでもないのでアイヌ問題で自分の短い賞味期限内は損得勘定抜きにはっきり言い残して置きますが自国の歴史伝統文化や似非愛国心を楯に他者を怪訝する精神的貧困は先人に対する侮辱だと私は思います。
靖国に眠る英霊も、いまだ戦地で孤独に眠る英霊の遺骨も・・・・
間違いなく私達の子供であってもおかしくない世代が大多数を占めている。性善説に酔いしれて唾を吐くのもいいが、その唾が痰となりヘイトや差別と言う言葉を生み出し絡みついている事実を顧みない限り罵詈雑言の応酬でしかない。
余所の子供は叱れても自分の家の子供は敷かれないモンスターペアレントと全く同じではないだろうか・・・・・・
ここは議論や情報構築の場でなければいけないし・・・管理人の椿さんには誠に申し訳ないが日頃、国旗国歌を多用しながら在子や在ヌならぬ言葉を多用し卑怯極まりない応酬を目にしたので申し上げました。
至らぬ表現に対する納得行くお叱りご忠告甘んじてお受けいたしますが
在子や在ヌといった隠語を生み出す人の感情も多少なりとも理解しているつもりです。
それ故に自分を棚に上げて書かせて頂きました。
2月13日
Tsubaki Minezaki
ここではないですが
時に、目に余る投稿をされ、ぶん投げ、コメント欄はカオス。
在日批判もあるのはそれなりに彼らの中にとんでもない輩がいたからだとは思っていますが、批判する側もフラストレーションを吐き出してるだけの人や、何でもこじ付けて正義をかざす人、はたまた探偵ですか?あなた。のような人
自戒も込めて書きますが
勝ちたくない人が世の中にたくさんいるのだと知らされます
2月13日 8:05
工藤 央
うちなんか混ざりまくっていますし、子供たちの従兄弟にはベルギー人とのハーフ…といってもオランダ系がいるし、祖父は樺太だし、甥の彼女はドイツ人だし、私の顔は沖縄にいってウチナーンチュと言われるし(笑)

日本人であるというのは、父母がこの国で生まれ、私が生まれ、そこで育ったからだと思っています。

(追加:子供の頃はこんなでした、私は右です)

2月13日 15:31
太田 博之
「在ヌ」という言葉を使ったことはありません。しかし、個人的な例外はあっても、在日韓国人(朝鮮人)集団は、国内における最大の反日勢力の一つで、れっきとした敵性民族だと思います。これまでの昭和世代の日本人の多くは、敵と味方の区別も満足に付かないレベルの頭なので、いままで外国人にやりたい放題やられてきたんですよ。在日韓国人(朝鮮人)集団を基本的に敵視するのは、正気の日本人なら当たり前のことです。 もし「在日韓国人(朝鮮人)集団を基本的に敵視するのが悪い」などと、頭の足りないことを仰る人が多いのであれば、このグループページから抜けさせて貰います。善人ぶった、頭の足りない人々は、日本社会を支那系移民や朝鮮系移民から守ることは出来ません。
2月13日 19:56
太田 博之
あともう一点。そもそも「在ヌ」という言葉自体がおかしいでしょう。アイヌと呼ばれている人々は、れっきとした日本国民であって、在日外国人ではないでしょう。「在ヌ」といった言葉を用いる人々は、頭がちょっとおかしいと思います。日本人を日本人扱いしていない、ということですよね。大昔は本州でも地域によって、かなり文化が異なっていました。長州藩と薩摩藩では、通訳が居ないと言葉が通じないほどでした。だからといって、外国人扱いなどしないでしょう。
2月13日 20:08
砂澤 陣
太田さん。一つご質問をしますが敵視云々と書かれていますが・・・私は一言として在日問題を加護する様な事は書いておりませんよ?
善人ぶった?善人ぶってこうしたポストは書けませんよ。
但しはっきりと貴方と思考が違うのは日本社会を守る等々正直私には烏滸がましくて口にも出せません。身近な市町村レベルの事でも把握するだけでも手に余りますしね。
又行政・政治・メディアの偏りがある中で罵詈雑言や罵りが問題の解決に結びつかないどころか論点が違う方向に持っていかれる事に危惧を持って書かせていただいたのですが?
正気の日本人ですか?勇ましい限りです。
頭が足りないとおっしゃいますか?
では、足りる頭で敵視する方々を改善して見せて下さい。
地方自治条例が全国的に進んでいるのは貴方が敵視する側の意見を易々と受け入れる地方議員の怠慢であったり議員になる事が仕事の議員が横行し怠慢だからではないのですか?
ならばそこに意見や行動を見出すのが本当なのではないですか?

日頃は勇ましい事はツイートやフェイスブックに載せれても自らの職務に関しては触れようとしない体裁ばかりの政治を放置してきた私達にも責任はないでしょうか?
又近年に至っては同特法(時効)による差別的措置に対する無関心や一時的拝金処置を繰り返してきた
日本人全体も差別と言う物事から逃げてきた一つの結果の表れではないのでしょうかね?
貴方の二度目のポストに書かれている薩摩藩の事ですが・・・・
アイヌ問題はまさしく、そこを真っ向から否定され逆に差別されているのですよ?それを推し進めているのはまさしく私達の国の政治です。慰安婦問題しかりですが・・・・
私のポストにも書きましたが「絶え間なく続いている血の混合や系譜の繋がり」を無視し、ただ単に敵視するだけで問題の解決になるのですかね?『私は自分でアイヌ問題とは違い直接在日問題を調べ把握している』ものではないので具体的に意見は控えますが、正直に申し上げるとよい感情を持っていない側面もありますが、そこを書くとそこだけを掻い摘んで罵る材料に使う方が多いので控えますが、所謂アイヌと称する人達との混交は昨日今日の話ではありません。私は混交と明確に書いているものが在日による背乗りや乗っ取りという言葉に置き換えられ一時的感情論で問題の本質を観ない事や考えないと言う甘えこそが思考の停止と解釈しています。

グループを去る去らないというのは私の権限でもなければ貴方の自由ですし私が何を申し上げるものでもございません。
2月13日 21:27
太田 博之
砂澤 氏。
<写真一枚を取り上げてエラが張ってる!>
<又行政・政治・メディアの偏りがある中で罵詈雑言や罵り>

在日韓国人(朝鮮人)への敵視も問題にしているように見えたので、レスさせて頂きました。

<はっきりと貴方と思考が違うのは日本社会を守る等々正直私には烏滸がましくて口にも出せません。>

当たり前のことを言わせて貰っただけです。

<では、足りる頭で敵視する方々を改善して見せて下さい。>

この場合、 改善する必要があるのは敵視している人々ではなく、敵視されている人々です。どうも貴方の思考はピントがズレているように思えます。

<ならばそこに意見や行動を見出すのが本当なのではないですか?>

普段活動していますが。貴方が在日韓国人(朝鮮人)への敵視も問題にしているように見えたので、ここに投稿させて頂いただけです。

<日頃は勇ましい事はツイートやフェイスブックに載せれても自らの職務に関しては触れようとしない体裁ばかりの政治を放置してきた私達にも責任はないでしょうか?>

だから頭の足りない多くの一般人も、外国人にやりたい放題させてきた責任があると言っています。

<私は混交と明確に書いているものが在日による背乗りや乗っ取りという言葉に置き換えられ一時的感情論で問題の本質を観ない事や考えないと言う甘えこそが思考の停止と解釈しています。>

アイヌは在日外国人ではないですよね。冒頭にも書きましたが、貴方の投稿は在日韓国人(朝鮮人)の話もしているように見えるんですよ。在日韓国人による、背乗りや乗っ取りを擁護しているように見えるんですよ。アイヌ問題をこじらせている在日韓国人(朝鮮人)を、わざわざ擁護してもメリットは無いでしょう。
2月14日 7:55
砂澤 陣
朝起きて貴方のコメントを三度読み返して、この時間まで色々考えて返信する前に再度読み直しましたが・・・・・
正直に返す言葉が見つかりませんでしたよ。
それでも一言残しておきますがアイヌ問題を生み出したのは在日ではなく日本です。
それとねネットを離れ自分で少し調査し肌で感じられては如何ですか?ピントがずれているだの頭が悪いだの・・・・・
癇癪的な罵詈雑言の羅列をされてもね・・・・・
貴方は在日とアイヌ政策の背乗りや乗っ取りの何をご存じなのですか?アイヌ問題を拗らせているのは紛れもなく日本国民である所謂アイヌ系を同じ日本人だと表面的には繕いながらも「問題の核心を観ない考えない」で政策を推し進める日本の政治ですよ。

変わりようのない相手を罵ったところで物事は変わらないでしょうね。それを執拗に繰り返すことを差別というのだと思います。
2月14日 19:10
太田 博之
砂澤氏:<アイヌ問題を生み出したのは在日ではなく日本です。>
下記の記事の例のように、韓国人も首を突っ込んでこじらせていますよね。


2月17日 3:05
砂澤 陣
これが何でしょうか?
2月17日 12:08
太田 博之
お話にならないですね(w 主要メンバーの一人が、韓国人に寛容な姿勢を持っていて、全く問題視していないことは理解しました。それでは。
2月17日 16:20
砂澤 陣
私は悪口を言って自分達を賛美する弱虫な趣味は持ち合わせていないです。又それを闘いとも国を守る事だとも思っていませんし変わりようのない相手を罵り続ける卑しい表現はたとえ思っていても外に出すのは最小限にとどめます。
この問題の本質は同じ日本国民に対して差別の再生産的政策が必要なのか?そしてそれが利権と化している現状に自国の政策としてどう解釈しどの様に警鐘改善を鳴らさなければいけないのかと思っています。

金子議員の事を出汁にしていますが、相手を非難する材料だけを添付して鬼の首を取ったのが如く偉ぶるのは大きな間違い。
正しい仕事をした金子議員を会派から締め出した卑怯者の議員と同じ行為ですよ。それとこの韓国系団体の背景はよく存じておりますが、アイヌ関係との連帯も長く貴方より遥かにアイヌ政策や日本の補助金政策に精通しており単純に卑しいだけの連中ではありませんし、こうした連中の意見を日頃勇ましい自称保守系の議員が易々と受け入れている事に危機感を持てないで何を言われるのですか?

そうした連中と真っ向から向き合って何が生まれるんでしょうね?
自国の政策に不備や偏りがありそこに付け込まれれている以上、そこを改善して行く他には手立てはありません。
私達が真っ向から向き合わなければならないのは自国の政策や政治であるはずで、それと向き合えないで何が朝鮮系なのでしょう?

相手を敵視するのも結構ですが、対戦相手の分析と弱点だけを取り上げても相手側がそれ以上にこちら側の弱点を巧みに操作し利用している以上、自己分析と改善が求められるはずです。
道着を着て帯を締め相手と向き合う場合に何の根拠も無くそこには立ちませんし、そこにも立たずに相手の弱さだけをまくし立てるだけでは何時までたっても日本はいいように蝕まれ貶められるでしょうね。
朝鮮系の悪口を女々しく罵ることが愛国や日本男児と言うなら、どんな非難を受けても私は真っ向から否定します。
今は私達の代表である政治家の不甲斐なさと職務を全うする議員が貶められる構図、そして国益を損なう政策に目を向けるのが最優先であり相手側にとってもこれ程不都合な事はないでしょう。
井戸端会議の自傷行為に私は興味はありませんし昨今の在特会の様な暴言を撒き散らす行為は論点をはぐらかす行為、迷惑なだけで私は関わり合いたくありません。

関心があるのは如何にして郷土の歴史や文化を守ることに些事ながらも関われるかという事だけです。
まっ・・・いつかどこかで問題の確信を明確な形で議論できればいいですね・・・・・それでは!
2月17日 20:27
金子 快之
全く同感です。
正論だと思います。
2月17日 22:41
<< 2015年02月16日 by Takahiro Saito 2015年02月12日 by Takahiro Saito >>