映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
2015年02月28日by Takahiro Saito
2015年02月27日by Takahiro Saito
2015年02月25日by Takahiro Saito
2015年02月25日by Takahiro Saito
2015年02月25日by Tsubaki Minezaki
2015年02月24日by Takahiro Saito
2015年02月24日by 砂澤 陣
2015年02月23日by Takahiro Saito
2015年02月22日by Tsubaki Minezaki
2015年02月17日by Tsubaki Minezaki
2015年02月16日by Takahiro Saito
2015年02月13日by 砂澤 陣
2015年02月12日by Takahiro Saito
2015年02月11日by Takahiro Saito
2015年02月11日by 太田 博之
2015年02月10日by 太田 博之
2015年02月10日by 太田 博之
2015年02月10日by 砂澤 陣
2015年02月10日by 太田 博之
2015年02月08日by Takahiro Saito
2015年02月07日by Takahiro Saito
2015年02月06日by Takahiro Saito
2015年02月05日by Tsubaki Minezaki
2015年02月05日by Takahiro Saito
2015年02月05日by Wosam Takami
2015年02月04日by 峯木 貴
2015年02月04日by Takahiro Saito
2015年02月01日by Wosam Takami
2015年02月01日by Takahiro Saito
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年02月25日 by Takahiro Saito 2015年02月25日 by Tsubaki Minezaki >>
Takahiro Saito
以前、私がイヨマンテの儀式の件で投稿しましたがこの儀式の写真を得る事が出来ましたので改めて投稿致します。
これは昭和52年3月に北海道沙流郡平取町二風谷、そうですアイヌの聖地と言われてる所で萱野茂氏が主催したイヨマンテの儀式です。
冬の冬眠期に穴から親子の熊を突如襲い、仔熊だけを連れ去り檻に閉じ込め儀式が始まると檻から出し紐を繋げて広場で仔熊を囲み総勢で小さな矢を何本も射ち徐々に弱った所で大きな矢でとどめを刺すのです。
そこから仔熊の死体を解体し頭部、性器等を取り出して祭壇に上げ毛皮を剥がされ内蔵を木に吊るされるのです。
この儀式をアイヌ協会は「儀式を通して民族の結束を計るアイヌ最大の儀式」と言われてますが狩猟を生計とするアイヌがいない現代、儀式とは考えられないでしょう。しかも現にアイヌの方々は今はもう儀式としてでは無く観光客の見せ物としてなっているようです。
私個人としてはこのような事は辞めて欲しい!!そう願うだけです。

2月25日
Tsubaki Minezaki
今もやってますの?
2月25日 17:24
Takahiro Saito
1955年に当時の知事がイヨマンテ禁止の通達をしてましたが2009年に撤回されてから何度か行われてるようです。そして国レベルでアイヌ文化を盛り上げてる今、これからまたこの儀式が日常に行われることでしょう。私は凄く不安です。
2月25日 17:32
Tsubaki Minezaki
なるほど…そうだね
2月25日 17:33
Takahiro Saito
神を拝むとしても今のアイヌは自然を崇拝するって言う事も無く現に多くのアイヌの方々は「創価学会」を信仰としてますので今の時代にこの儀式はもう意味が無いと思います。クマの捕獲方法にしましても生態系を損なうだけです。
2月25日 17:38
Tsubaki Minezaki
神を崇め感謝する儀式とゆうより民族結束なんだよね?
それと人寄せパンダみたいく一つのイベント的にやってるように見受けます
2月25日 17:42
Takahiro Saito
勿論、この儀式も私たちの税金から賄われてるのです。全ての面で私はこの儀式を納得する事が出来ません。(考え過ぎかな...?)
2月25日 17:47
Tsubaki Minezaki
動物愛護団体が静かだね…
2月25日 17:49
須藤 賢一
極めて残酷、同じ命を持った人としてとる方法ではないです。
2月25日 17:56
Takahiro Saito
Tsubakiさん、国、そして国連がアイヌ民族、そして文化を認めた今これからこのイベントが活発してきたら間違いなく動物保護団体も動き出すでしょう。
2月25日 18:01
Takahiro Saito
須藤さん、初めまして。日本がアイヌ文化を推進してる今、これが本当のアイヌの儀式の姿です。自然を崇拝する事のない現代この残虐な儀式は彼らにとっても無意味なのです。
2月25日 18:03
宮崎 二健
このような弱いもの虐めの
儀式儀礼祭礼は大昔から世界中にあります。
今の私達文明人から見れば、残忍極まる野蛮な風習です。
だから世界中で止めることにしようという機運が高まり、
廃止の方向で善処されています。生贄の儀式も然りです。
埴輪や兵馬俑の言われも同じです。
イギリスでは教会の高階の窓から猫を落下させて殺す祭があって、
あまりにも無実の猫が可哀想だからということで
猫の人形に代えたということです。
特亜と亜細亜の犬猫食い、シナの食人、
ヒンズー教での動物生贄など世界残酷物語です。
西洋の悪魔信仰の儀式では、子供や乙女が生贄として、
無残に殺されます。その血を飲んだりするそうです。
今でも裏社会では行われているということです。
グローバリストの頂点での話です。
しかし、表社会では野蛮な風習は改善されて来ています。
過ぎ去った昔は仕方ないとしても、今は改善するべきです。
文化とは改善に改善を重ねて次の世代につなげていくことです。
自浄作用と文化の改善が最も顕著なのが日本文化です。
2月26日 2:40
Eiji Suzuki
今では本物の熊を使う必要があるのか、疑問です。
2月26日 5:09
Takahiro Saito
Eijiさん、私も同じく疑問を感じます。今の時代のアイヌにおいても。
2月26日 6:33
Takahiro Saito
宮崎さん、勉強になりました。
2月26日 6:35
<< 2015年02月25日 by Takahiro Saito 2015年02月25日 by Tsubaki Minezaki >>