映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
2015年04月25日by 砂澤 陣
2015年04月25日by Etsuko Obara
2015年04月24日by Takahiro Saito
2015年04月24日by Takahiro Saito
2015年04月23日by Takahiro Saito
2015年04月23日by 峯木 貴
2015年04月23日by 冨山 洋治
2015年04月22日by Takahiro Saito
2015年04月18日by Takahiro Saito
2015年04月18日by Takahiro Saito
2015年04月17日by Takahiro Saito
2015年04月16日by Takahiro Saito
2015年04月15日by Takahiro Saito
2015年04月13日by Takahiro Saito
2015年04月10日by Tsubaki Minezaki
2015年04月04日by Takahiro Saito
2015年04月03日by 守谷 あかね
2015年04月02日by 合田一彦
2015年04月02日by 合田一彦
2015年04月01日by Takahiro Saito
2015年04月01日by Takahiro Saito
2015年04月01日by Takahiro Saito
2015年04月01日by Takahiro Saito
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年04月13日 by Takahiro Saito 2015年04月04日 by Takahiro Saito >>
Tsubaki Minezaki
香山リカさんは逃げてるの?
アイヌという言葉を地に貶めようとしてるのは内情や歴史も知らない言論人やアイヌ屋さん。

4月10日
守谷 あかね
これですか?電波を解析するのが大変でした…


4月10日 23:44
Tsubaki Minezaki
守谷 あかねさん
wwwwwwしょっぱなからツッコンでいけますけどw
4月10日 23:47
守谷 あかね
「定義がないのが定義」
「政治的弾圧の後に芽生えるのが民族」
・・・はぁ・・・?
新しい考え方ですが、じゃあ100歩譲っても「アイヌ民族」を弾圧したとは絶対に言えないですよね
だって「そこにいる人」を弾圧した結果アイヌ民族になった
ってことでしょう?
好意的に考えても電波…
そして前提が違うようなので全く議論にはならないわけです
4月10日 23:53
Tsubaki Minezaki
よくわかります!

抜粋

実は、塩川氏の前掲書では、先の定義のすぐ後に「区切り方の難しさ―恣意性と固定性」という項が続き、「エスニシティも民族も、客観的に確定しているものではなく、さまざまな区切り方がありうる」(P9)と記されています。
「現実問題として、どの集団を『エスニシティ』と呼び『民族』と呼ぶかは、しばしば政治的論争の対象となっている。」(P10)
 そして、「同じ言語を持つ共有する集団が『民族』」「宗教や文化を共有するのが『民族』」とする考え方や、その言語、宗教、エスニック文化にしても、「長い時間的経過の中で変容することがあるが、それを『強制的な同化』とみなすか『自然な過程』とみなすかも、見る人の観点によって異なりうる」(P12)とひとつの観点からの定義の限界を示し、こう言うのです。
「いずれにせよ、人間集団の区切り方は、抽象的に考えれば、さまざまな括り方が可能であって、どれか一つだけを『正しい』と決めることはできない。」(P12)

???
ならやっぱりアイヌ民族はいないと別の意味で言われたとしてもあてはまるし、あてはまらない。
彼女の言い分からしても金子市議間違ってないし

また他の方の本から抜粋してきて時代は変わったんです
と言い切っていますが、
なんの説得力もなく空論に感じますね

最後のアイヌ協会がちゃんとしている的にかいてありましたが、そこが問題だと砂澤さんはじめ北海道の勇気ある方々が声をあげたわけなんですけどね
4月11日 0:02
守谷 あかね
「自分はこっちの説をとるからこっちが正しい、だからアイヌ民族はいる、やめることも可能。それは本人が決めていい。だから認めない人はこっちの説に従って!利権に関係ない人も傷ついてるんだからやめて!」
・・・じゃあアイヌを差別してない日本人もいるんだから特別の優遇策をやめて…ってことになるんじゃ…
4月11日 0:07
Koichi Iida
シェアさせていただきます。
4月11日 0:07
守谷 あかね
もちろん、ありもしない差別を騙り、不正な利権に与ろうとする人を糾弾していると
なぜか「ガチの排外的差別主義者」がすり寄ってきて、あたかも民族差別問題で騒いでいるような錯覚に陥ってしまうのは事実かと思います。
論点がずれるし、椿さんの言葉を借りると不正利権者からすれば「思う壺」ですね
4月11日 0:13
Tsubaki Minezaki
守谷さんの言う通り自分の首を自分でしめていながら、とゆうか、ヘイトやめろと言いながら排他的にしてるのはむしろあちら様なんで矛盾が生じるのだと思いました。
アイヌ利権に関係している方々とその犯罪的な行為が横行しているのに
ちょつと待っておかしくない?って話なだけで、とても簡単なことなんですけどね。
4月11日 0:14
Tsubaki Minezaki
Koichi Iidaさん
いつもありがとうございますm(_ _)m
4月11日 0:15
守谷 あかね
香山さんの説は「自分はアイヌが民族でいてほしいと思うから」新しい民族の説をとる、ということですよね?
・・・個々人の好き嫌いは民族の定義とは全く関係ないんだと思います・・・
確かに心無いことを言う人は日本人の中にも一定程度いることは事実だと思います。
人の心を法では縛れませんが、行為そのものに罰則規定を盛り込むことは可能です。
例えば差別から「土地を売らない、家を貸さない、お金を貸さない、就職させない」等のことには法的な対抗手段があるわけです。
ですが、差別から来る言葉の暴力に関してはもう教育しかない。けっして補助金や言論封殺で乗り越えられるものではないと思います。
4月11日 0:33
Tsubaki Minezaki
本当、そうですね勉強になります。
定義がないのが定義
と香山氏は書かれていますが
結果自分次第の判断でいいなら民族などと言う言葉も無くていいわけですね
話はとびますが、なんとなくグローバリストのようだなって思いました。
ヘイトスピーチ規制法案のようなものを作って言論封鎖しても、そもそも論で躾や教育がなっていなかったら必ず利用してヘイト詐欺がでてきてもおかしくないですね。
4月11日 0:42
守谷 あかね
ホントに…じゃあ私はなんとなくかっこいいからアーリア人だと思います!っていうのもOKということですもんね…完全に頭が…痛くなってきました…
4月11日 0:58
砂澤 陣
椿ちゃんとあかねちゃんの二人で香山と対談して欲しい・・・
4月11日 18:14
守谷 あかね
対談というか対戦…になる気がw
4月11日 19:58
砂澤 陣
テレビ中継したら凄い視聴率取れそう・・・某女史は二度と浮かび上がってこれなくなるだろうけどw
4月11日 20:00
守谷 あかね
多分こうなりますw

4月11日 20:03
砂澤 陣
ウケますw
4月11日 20:04
Tsubaki Minezaki
たぶん、守谷さんと香山さんが2人で話してて私、出演してなかったことになりそうですwwww
4月11日 20:27
砂澤 陣
椿ちゃん。謙遜が過ぎますw
4月11日 20:29
守谷 あかね
そうです、わたしこそ勉強中です
4月11日 20:36
砂澤 陣
あの女史相手にするなら世間一般常識だけで大丈夫です。
4月11日 20:41
Tsubaki Minezaki
彼女のロジック変換についていけませんよwww
4月11日 20:43
守谷 あかね
今、ウィキペディア「民族」を見ているのですが…割と「なるほど」です。
香山氏の説明って本当にわかりにくい・・・
4月11日 20:43
砂澤 陣
自分が言ってること分かってないんですから・・・
4月11日 20:45
守谷 あかね

4月11日 20:48
砂澤 陣
ここで気をつけなければいけないのは個人としての帰属意識と政策を受ける場合の帰属は別問題して議論がされなければなりません。
4月11日 20:52
Tsubaki Minezaki
民族の定義について日本は
ネイションとエスニックに曖昧なところがあるというのを前提で琉球民族について前に資料を作ったんです。
そそwwiki参考にしましたしw

アイヌ民族と自称して勝手に仕事にしているならまだしも、権利を主張し歴史を歪曲し、税金の搾取よろしくしているのなら
、そしてそれを加護して正義をかざしさも意を唱える人をヘイト扱いするのであれば
証拠が必要だと思うのです。
いわゆる定義の確率をして納得させてもらえなければ口をつぐむ事は日本分断になってしまうと危惧してならない
4月11日 20:54
砂澤 陣
こんな馬鹿げていて危険な政策はありません。
4月11日 20:55
砂澤 陣
これを所謂反日感情を持った連中が刺さり込んで来ないはずもなく、刺さるなと言っても刺さってもいい様に作られている上に歴史認識さえも悪者にされている現実を危惧しなければなりませんよね。
4月11日 21:02
守谷 あかね
沖縄もそうなのですが、ネイションとしての共通の言葉を得、そしてその利には与りつつ、エスニックとしての帰属意識を裏切っているという心苦しさゆえか、「日本に言葉を奪われた、文化を破壊された」となぜか被害者意識にすり替わっている状態なのかな、と考えています。

共通の言葉がないと、日本の教育を受けても全く意味をなさないし、それゆえその後は同様の仕事はできないわけで…(科学的な学問が全く学べないそうです)
良かれと思って共通の言語を採用したわけですが…
4月11日 21:04
Tsubaki Minezaki
戦後、米軍統治下で琉球国として言語を選択する時に
日本語を選んだのはまぎれもない沖縄県民なんですよね
4月11日 21:06
Tsubaki Minezaki
戦後、米軍統治下で琉球国として言語を選択する時に
日本語を選んだのはまぎれもない沖縄県民なんですよね
4月11日 21:07
Tsubaki Minezaki
英語でも、沖縄弁(ウチナーグチ)でも良かったのに
4月11日 21:07
守谷 あかね
うちなーぐちといってもですね、宮古島と本島でも全く違いますし、本島内でもどうも違うようなのです。
だから琉球とはいえ、離れてますのでそれぞれのエスニックがあり、まとまってネイションを形成するとなったらやっぱり日本に帰属意識があったんじゃないかと…
4月11日 21:09
Tsubaki Minezaki
私もそう思う
帰属意識が米軍下でいても日本だったんだとおもう
アイヌと言われる人達も独立しますか?
言われて日本でいいです
ゆうたしね。
4月11日 21:13
守谷 あかね
陣さんのおっしゃる通り、政治的な扱いとしてはここは分けて議論がなされないと、おかしなことになります。
私たちからしたら、大和人としてのエスニシティが侵されている、とも言える状態なのですから。
4月11日 21:15
Tsubaki Minezaki
そうですね
もう一つ言わせてもらえば
沖縄もアイヌの血を引く大多数が日本人として生きているという事。
一部の少数派、特に声が大きいために引っ張られてしまうのも本当に厄介です。
4月11日 21:18
砂澤 陣
そういった冷静な視点で見ると如何に香山女史の意見が支離滅裂であるか?又アイヌお抱えの学者もどきが何もかもアイヌ一括りとし暴力的な見識を押し付けているかというのが見えてきますよね。
過去の歴史上一つのまとまりも見せずに文字も持たなかった少数部族をアイヌ文化!アイヌ語と決めつけること自体に無理があると思います。
4月11日 21:19
砂澤 陣
本人目の前にしても言うけれど・・・香山女史のアイヌ論はあまりにも支離滅裂で欺瞞に満ちていいるだけではなく他の言い訳も「醜い」
4月11日 21:23
守谷 あかね
311震災後もそうだったのですが、本人たちがそう思ったというよりは…善人面で支援したいと近寄ってきた人によって、被害者意識を植え付けられる事案が多発したんですね。
社会的弱者がいてくれると利を得る人がいて、その走狗となってしまう偽善者がいて、産み出されるんですよ。
そこに必ず香山含め感情論の上から目線でいい人ぶりたい論者であったりコメンテーターだったりが喧伝してしまう、毎回くりかえされるんですね
4月11日 21:24
Tsubaki Minezaki
もう繰り返しですね…
弱者商売とでもいうのかマイノリティー詐欺と呼んでもいいかと思います

沖縄返還直後に被害者意識を植え付けに行った共産主義の活動家、もっとも顕著なのが日教組だと思います。
同和を使って共産主義革命を実行せしめ、最終的に国会決議にまで持って行ったアイヌ先住民族決議
メディアの加担

すべて被害者意識を植え付けに成功してきてそれに反する意見は悪者

差別だ
人権侵害だ

と一般の人は人権教育を過度にされてきたのと、自虐史観教育で
言われたら萎縮してしまいます
4月11日 21:35
砂澤 陣
この構図はもう皆さん重々承知の事と思います。ここからは、そうした再研究と反省も含めロビー活動の手立てやメディアを取り戻す方法や具体案の検討が求められると思います。
4月11日 21:40
守谷 あかね
判官びいきは日本人の美徳であり弱点だから…繰り返し利用されるわけですよね
どうしたらいいのかな?と思いますね。
メディアの中の人が個人的に「被害者意識を持ってないマイノリティもいる」と気が付いてくれても、視聴者全体としては悲哀や愛憎劇の方がストーリーとしては好まれてしまう。
あちらの感情論にはこちら側もvs感情論でいく。とりあえず同じ土俵に立つ必要はあるのかもしれないです。
その際には受け手のきき心地も考えないといけませんね
4月11日 21:49
Tsubaki Minezaki
右派に楽しいんでもらうような言質は足を引っ張られるだけですね
もうそこ理解しないと先ないって思います
4月11日 21:52
守谷 あかね
そうですね、マッチョイズム丸出しの言論では揚げ足を取られるだけです。
4月11日 21:53
砂澤 陣
イザと言う時に使えない筋肉はいりません・・・・変わらないために変われる柔軟な姿勢と思考が求められていると思います。
情緒や高揚だけでは太刀打ちなど出来るはずもなく・・・・・
伝統文化等を楯に勇ましい事を並べても裾野は広がりませんよね。
4月11日 22:04
守谷 あかね
変わらないために変われる
おっしゃる通り!
不易流行、和魂漢才と、先人の遺した言葉と重なります。
4月11日 22:08
谷口 佳輝
だと思います。最近は中国から北海道と沖縄は日本から独立するべき‼︎!なんてことを言ってる奴らがいますが、日本史がわかってないんですよね。
4月17日 22:17
<< 2015年04月13日 by Takahiro Saito 2015年04月04日 by Takahiro Saito >>