映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
2015年06月30日by 合田一彦
2015年06月28日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月25日by Tsubaki Minezaki
2015年06月23日by 合田一彦
2015年06月19日by 守谷 あかね
2015年06月14日by 峯木 貴
2015年06月14日by 峯木 貴
2015年06月11日by 合田一彦
2015年06月11日by Takahiro Saito
2015年06月10日by 砂澤 陣
2015年06月02日by 合田一彦
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年06月11日 by Takahiro Saito 2015年06月02日 by 合田一彦 >>
砂澤 陣
ご無沙汰しています。
何やらバタバタしていますが皆さんのポストは確りと読んでいます。
今書いている原稿の関係で近所の狸小路という札幌市中心部のアーケード街をよく散策するのですが、昔は地域密着型の店舗と観光客目当てのお土産屋が並び市民にも愛されている場所でしたが、近年ではパチンコ屋の進出とお土産屋は中国人と韓国人相手のドラッグストアーが異常なスピードで増え続けています。
パチンコ屋の前は朝から行列ができ、ドラッグストアー前には観光客が屯し点字ブロックをふさいだり、大声で騒いだりと繁華街の賑やかさとは違う異様な雰囲気に変わりつつあります。
ここは、何十年も前から中華街構想が持ち上がり何度も頓挫していたのですが、近年では札幌市の後押しも受けて本腰を入れて取り組みが進められています。
商業・産業・地域振興など色々な物が複雑に絡み合い一概に悪い事であるとは言い切れない側面もあるのですが、あまりにも無防備で利益優先型の変革は後々深手を負うと思います。
この場所でもアイヌ利権が昔から展開されており今ではアイヌ関係の店舗はゼロという状況で、私はその問題を通してここを見ているのですが地元に対する愛着という視点から見ても将来的にここはどうなってしまうのか?という寂しい気持ちもあります。
余談ですが、この界隈の分譲マンションを中国人が沢山購入しているのですが、それが観光客相手のガイドがキャッシュでポンと購入するそうです。観光土産以外にも正規のルート以外でオムツやサランラップといった大量販売に北大を卒業後直ぐに帰化した人物やガイドが絡んでいたりと、後々問題になるであろうバックグラウンドも気になります。


6月10日
下崎 一郎
怖いですね
6月10日 13:44
佐々木 明子
お金を落としてもらうのは良いのですが、不動産、資源関係のものを買われるのは駄目ですね。
訴求法で外国人からの購入については法整備が絶対に必要です。
中国の土地を日本人は買えないのでフェアではないし、
米国でも州により違いはあるものの、一定期間後には米国に返還する法律があるのですから、グローバルに見ても整合性はあると思います。
早く法整備をして欲しいものです。
問題は帰化人について、ですね。
6月10日 13:45
Tsubaki Minezaki
外国人の土地の取得ですが
WTO違反になるため外国人も購入可能です。
通常は互恵関係の中で同じ法で縛るのですが
日本は外国人の土地の取得に関して国防上問題ない限りは可能ですね。
早々の法整備をしたいところですが、与党自民党の中で頓挫しているのも事実です。
獅子身中の虫とはよく言ったものです。
とことんまで侵食して壊疽を起こさない限りは無理かもしれません。右腕切って命を守るその覚悟が政治家にあるか?
はたまた日本男児にあるか?
そんな気がしてなりません
6月10日 13:51
守谷 あかね
土地は持ち帰ることができないから買われても大丈夫、と言う意見もあれば、絶対ダメだと言う意見もありますね。
どちらが本当のところか、気になります。
6月10日 14:15
佐々木 明子
持ち帰って消費するだけでしたら構わないのですが、
水資源付近は水を搾取されますよね。
関東でも主要地の買収が問題ですが、傍受という国家防衛に関わるリスク、
そこだけ治外法権状態になっている為に、治安に影響し、さらにそれは黒い利権パワー抗争に発展します。
小さな島などはあっと言う間に侵略されてしまうリスクもありますね。
横浜中華街の方は古くから日本に居住されていますが、高齢になって土地は中国本土の人に売っているケースも少なくないので、あそこの地域の水道、ガスなど地下を這うインフラは地権者の承諾が取れなくて大変みたいですよ…
6月10日 14:27
Tsubaki Minezaki
例えばよく言われてる国防動員法の発令があった際
資産として価値など戦争になれば意味がないわけですので今の私の頭の中では貸すことは有りでも購入は無しと思っています私の地域でも水源地の売買の問題が上がってきています。
実際10年前にチャイナに滞在していた時第三泉とゆうお茶の水に適したとされるところにいましたが…飲めたものではなく酷かったのを記憶してます。
食べ尽くす、資源を使い尽くす。
木を刈り尽くす
そして次の土地に向かう習性はチャイナの資本主義の中では…殖産とゆうのが発展しても個人主義が行き過ぎて有毒でもあまり贖罪意識を持たないのもうかがえるかと思ってます。
もちろん日本人にも多かれ少なかれそういう面があるのも認識しての前提ですが…
6月10日 14:28
守谷 あかね
なるほど…ありがとうございます!
6月10日 14:28
砂澤 陣
ここは先程の店舗の写真ですが!サッポロドラグストアーという道民なら誰もが知る店舗ですが出店の企画誘致をしたのは沖縄の会社で香港にも関連企業があります。
出資、企業名は書けません・・・
前にも書きましたが沖縄で左翼の下っ端が騒いでいるハードなお祭りに対して北海道は実質的腐食というか侵食が確実に進んでいますね。


6月10日 15:24
Tsubaki Minezaki
沖縄もホテルの買収や分譲マンションなど登記謄本をみるとあきらかに
周、郭、張のような名前が出てきますが…表向き日本企業のていで進めています。
最近では日本人も入れないであろうある意味領事館のような宿泊施設建設の話も出ています

一部の革新が目眩ませをしてる間にスムーズにそちら進んでいるという…
この間一貫してチャイナ批判は革新から出てきませんね。

日本の法整備が甘過ぎるのとプレスコードが呪いのようにまとわりついているのもあるかもしれませんね
6月10日 16:13
小栗 ヒロ
京都の観光地のお土産もの屋さんも支那人に買われてると聞いてます。
6月10日 16:38
峯木 貴
円安でかつ地方の土地の価格も下がっているのも原因かもしれません。
6月10日 22:44
<< 2015年06月11日 by Takahiro Saito 2015年06月02日 by 合田一彦 >>