映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
2015年06月30日by 合田一彦
2015年06月28日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月25日by Tsubaki Minezaki
2015年06月23日by 合田一彦
2015年06月19日by 守谷 あかね
2015年06月14日by 峯木 貴
2015年06月14日by 峯木 貴
2015年06月11日by 合田一彦
2015年06月11日by Takahiro Saito
2015年06月10日by 砂澤 陣
2015年06月02日by 合田一彦
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年06月11日 by 合田一彦 2015年06月10日 by 砂澤 陣 >>
Takahiro Saito
 二風谷アイヌの貝澤耕一氏が言う樺太からの強制移住でアイヌが北海道江別市対雁に住み、後にコレラ等の伝染病により300〜500人ものアイヌが亡くなったとされ、対雁にある北海道電力火力発電所の敷地内に今でも遺骨が残っているとされ、発掘そして補償を彼らは求めてましたが実際には対雁に住んでいたアイヌは北電の敷地内には暮らしてた事実は無くこの石狩川河川敷一帯で暮らし、その場所も以前と河川の広さが変わり今ではこの川の水底部分が彼らが暮らしてた場所になるそうです。よって貝澤氏が北電に対し遺骨返還と補償を求めてたことは彼らが得意とする「強請り」でしかないのです。
 しかも遺骨の大半は既に発掘され一部は研究目的等で各大学に持ち出されましたが江別市共同墓地内にある慰霊碑の中に埋蔵されているのです。
 二風谷ダム訴訟で強請る快感を知った彼らは北電、そして三井などの企業にも謝罪、補償、挙げ句の果てに国や天皇にも謝罪を求める異常な行動に出たのです。
Takahiro Saitoさんの写真

6月11日
Takahiro Saito
この画像の左側がアイヌが暮らしてた対雁、石狩川河川敷になります。
6月11日 23:27
Tsubaki Minezaki
シェアさせてもらいます。
6月11日 23:32
Takahiro Saito
Tsubakiさん、こちらこそ有り難うございます。
6月12日 1:14
Etsuko Obara
江別 北電 ・・・思うところあります。
6月12日 12:30
Takahiro Saito
Obaraさん、30年ぐらい前に火力発電所は無くなりましたが今では北電の研究所そして温水プールがあります。
6月12日 19:49
中公 竹義
反日もアイヌも、後ろの組織が同じだから、同じ発想、同じ行動ですね。
金だけが目的としか思えない。 6月14日 12:46
Takahiro Saito
中公さん、断言します。私が貝澤氏と接してた時の彼らの気持ち(企み)は「お金」だけです。
6月14日 20:02
<< 2015年06月11日 by 合田一彦 2015年06月10日 by 砂澤 陣 >>