映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
2015年06月30日by 合田一彦
2015年06月28日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月27日by 合田一彦
2015年06月25日by Tsubaki Minezaki
2015年06月23日by 合田一彦
2015年06月19日by 守谷 あかね
2015年06月14日by 峯木 貴
2015年06月14日by 峯木 貴
2015年06月11日by 合田一彦
2015年06月11日by Takahiro Saito
2015年06月10日by 砂澤 陣
2015年06月02日by 合田一彦
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年06月23日 by 合田一彦 2015年06月14日 by 峯木 貴 >>
守谷 あかね
陣さんのいつもおっしゃってることが科学の力で証明されたように思いました。


6月19日
Tsubaki Minezaki
最後のここのところ良いですよね( ^ω^ )

われわれの御先祖様たちは「敗れ、渡り来たった者たち」を寛容に受け入れ共存し、豊かな感性を磨き、当時の中国や朝鮮半島の先進の文物を貪欲に学び取り、世界に冠たる文化を花開かせてきたのだ。その歴史を、われわれはもっと誇りにしてよいと思う。

それと私の勝手な思いこみですが、
朝鮮半島は今の朝鮮民族が支配していた地域ではないと思うのです
地政的にも人の流動性にしても
まして中国大陸における漢民族の割合も今より少なかったようや文献を読んだ記憶があります(不確かですいません)

※今のチャイナ、コリアとは関係ないと言ってるわけじゃないです(念のため)

言いたいのは
世界中そのように流動性に満ちていて
奪ったり奪われたり
殺したり殺されたり

その中で極東に位置付けられてる我が国では混交しながら文化を育んでいき精神性も向上していったのではないかと想像しました。

男子のY遺伝子から思うところ
皇室の男系は守らなければならないと常に思うところです

しかし究極は三種の神器

それが象徴されてるような気持ちなった投稿でしたw
飛躍してすいません
6月19日 8:19
守谷 あかね
その最後のところ、私もいいなと思いました!
排除ではなくって受容して変動して、今と同じですね。
6月19日 8:21
Tsubaki Minezaki
時代は変わって世界情勢もまた変化しておりますので
移民政策推進しても我が国は大丈夫だというわけではないですね

とは言ってもハフポスにしてはとてもマシな方かとおもいます。

上記しましたが大陸から半島からの流入もまた、今の時代の民族と違う可能性も高いかと思います。
また先進の文物と書いてありますが必ずしも先進ではないので
朝貢、冊封の意味を従属と取っていた固定観念から解釈されてる文だなというのが感想です。

巧みに操作しているのか
書いている本人がそう思い込んで書いてるのかは不確かですが
朝日系列と言うとどうも真に受けないように一線を引くところがあります。
が専門的なご意見頂けたら幸いです^^;
6月19日 10:17
Tsubaki Minezaki
ありがとうございます

このアイヌの真実のグループに
DNAに関することも投稿されてるのでご覧いただけたらと思います。

チャイナはそうですね
元はモンゴル人
蜀もなんだったか?
いわゆる中東系の民族が統治していた時代があったり
近現代だと
清は満州人でしたね

また朝鮮半島はたしかに李氏朝鮮の流れのあるのはたしかですが
そのむかし
高句麗や新羅、百済の時代だと
九州からの出入国が盛んで
日本人が統治していた地域もあったかとおもいます。

プロパガンダされるのは、これは騙されるほう洗脳される側に下地がありますから
WGIPから日教組の問題まで発展しますね

我が国が色々なものを取り入れて…
そこ私もすごく同意です( ^ω^ )
6月19日 10:59
守谷 あかね
ごめんなさい、私自身がまったく印象操作されなかったため、そのような受け取り方があったことに驚いております…
6月19日 11:00
Tsubaki Minezaki
そうです日本書紀に出てきたかと思います、

守谷さんがおっしゃる通り
印象操作をされてる
その専門的な話を聞きたいなって思ったんです。

歴史の話はDNAと同じで今はあきらかにこちら側に定着してきていますが、なお印象操作されてるところを一緒に考えられたらと思いました。
6月19日 11:25
Tsubaki Minezaki
Akagiさんコメントたくさんありがとうございます
バタバタしていて返信遅くなりすいません。

NHKに対してのお気持ちはすごくよく分かります。
なんの期待もしてないどころか
解体するかもしくは新たな国営放送局を総務省に作ってもらいたいぐらいです

中国と支那の言葉使いに対してもその通りですし、今やこちらサイドの知識としては当たり前で分かった上だからこそ俯瞰し、砂澤さんが以前からおっしゃっていた事と同じようなことが書かれているという事で投稿されたと思います。
知識あっての上ですので印象操作に惑わされているとは到底おもいません。
しかしこのハフポスの記事を見て何も違和感を感じず読む人が世の中のマジョリティだと思います。

また、どんなにマッチョに叫んでもAkagiさんも経験されてると思いますが返って引かれます
なのでノンポリ層に話すときは中国という単語を使います。
その脅威や覇権主義についても説明できたあとに、実は中国ってこれこれこういう意味なんだよ
と説明します。

世の中はありとあらゆる工作が錯綜していますからそれらを前提にしても全く無意味ではなかったと思います

Akagiさんの活動など存じ上げませんの生意気な事を言ってしまったらごめんなさい

俯瞰して見て印象操作と憤慨するか
そこから新たな道を見つけるか

共産主義者はどちらを嫌がるか想像したいですね

アイヌの問題に戻らせて頂くと
このようなハフポスの内容は返ってこちらに助勢されます
6月19日 14:13
Tsubaki Minezaki
また仕事終わったら
投稿できたら致します

乱雑な文ですいません
6月19日 14:16
合田一彦
ざっくり言えば、琉球もアイヌも、その主張する根拠は「先住民(民族)」としての先住性が土台になっています。
そして、彼らがしばしば持ち出す、国連議決の「先住民族の尊重」というのは、欧米諸国による北米インディアンやイヌイット、ニュージーランドのマオリや豪州のアボリジニ等、進出してきた欧米人によって追い立てられ、迫害された歴史を反省するところから生まれた宣言です。
これに対し、このNHKの報道では、日本は先史時代の昔から「排他」ではなく「融和・融合」であり、異なる文化を取り入れた「混交」を推し進め、より文化を高めて生活の質を向上させた結果として、ユーラシア大陸の東端の島国に過ぎない狭い国土に、優れた文化を有するようになったことを示しています。
こうした日本の土壌は、これすなわち国連の「先住民族の尊重」で改めて言われるまでも無く、先住民とも、渡来人とも融和・融合して育ってきた訳ですから、決してアイヌや琉球を追い立てたり迫害したり、ましてや、スペインのピサロがアンデスの民を虐殺してインカ帝国を滅ぼしたような、征服して淘汰するなどの愚かな歴史は存在しません。
またアイヌや琉球も、日本の北端と南端ですが、彼らもまた他の地域からの文化を取り入れて暮らしてきたことが判っています。

文化と言うものは一方的に流れるものでは有りませんから、受け取った側が独自に工夫し、その土地ごとに相応しい改良を加え、それがまた元の土地に還流されるなどして高め合うものです。こうした観点からみれば、今の日本が誇る文化は、それが何処から由来するものかを意識して尊重するのは良いのですが、起源を主張したところで意味はありません。
それを伝えた人々も、受け取った人々も、当時の人は誰も生きておらず、ただ、受け継いだ者達が高めていくことで、ここ日本で花開いた、世界に誇れる文化が数多くある。その現在を誇り、この先も受け継いで高めていけば良いわけです。
朝鮮族のように「ウリジナル起源」を主張したところで意味はありません。現にそれを受け継いでも居らず、高めてさえいない彼らの「起源説」など、誰もまともに取りあいません。要は「起源」しか主張するものが無いことを見透かされている訳です。
ともあれ、話題を戻すと、この報道によって得られる「追い風」というのは、この国に生きる人達は、先史時代から「他者の文化を尊重し、互いに取り入れて暮らしてきた」ことが科学的・歴史的に示されたという点です。
これすなわちアイヌや琉球の「独立論」を唱える人達が言う「大和民族による迫害の歴史」や「民族独自の文化が奪われ・破壊された」という主張が虚構であり、相互の文化混交による融和の結果として日本の一部になっていった歴史であり、そうした日本の背景がNHKの番組で報道された点です。
まあ、アイヌの場合、彼らが「アイヌ」と括る人たち自体が、DNA的には多種多様な民族の血統を含む「混交・融和」の結果であり、鎌倉期に成立した「アイヌ文化」も、そうした各地の民族・文化の混交によって生まれたものであることが判っていますので、独自の「一血統」を有する先住民族で無いことは明らかなのですが。
6月19日 15:54
Tsubaki Minezaki
合田さん
すごくわかりやすく書いてくださって、ありがとうございます。
追い風の話はおっしゃる通りですし、それ以上の説明に、なるほどこう言う説明の仕方があるのだと勉強させて頂きました。

国連に出向いて発言している事がアイヌ協会や 琉球独立グループ(自己決定権グループ)にとって都合が良かった事が覆せたハフポスの記事だと思いました。

それはけっして私どもが思い描く通りとはならないにしても
溜飲が下がるところもあります。
正しい、正直が必ずしも通る世界ではないのですしね

ありがとうございます。
6月19日 22:20
Tsubaki Minezaki
いつも思うのですがネットだと言いたいことを言って顔も出さず逃げる事が可能です。

それだけに言いたいことも言えるとゆう利点があるのかもしれません。

悲しいかな問題とするものが同じ方向であって熟慮し共に進みたいと思っても叶わないことが多いです。

それとも私に見えないだけで
彼女の存在はここに残っているのか?分かりませんが
とても残念です
6月19日 22:25
守谷 あかね
あら…!
6月19日 22:27
Tsubaki Minezaki
守谷ちゃんにも見えませんか?
私の書き方が悪かったのかもしれないですね
でも考え方や思ってることは嘘なく言ったつもりなので
仕方ないです。
6月19日 22:34
守谷 あかね
私も…仕事が終わったらコメントしようかと思ったのでのぞきましたら…
6月19日 22:35
Tsubaki Minezaki
1人見えなくなったのでないなら気楽になりましたw
6月19日 22:36
守谷 あかね
遅くなってしまいました、そして気が付いたらコメントが消えていたので、お返しするべきか迷いましたが同じ学びのさなかにいるものとして、彼女に見えていたらいいなと思い、書きます。

私はこの記事を読んでも、まったくシナがどうの、朝鮮がどうのとは思いませんでした。
日本以外の国々は、歴史上ずっと一つの国であったわけではない事を知っているからです。そのため、記事に書かれていることは単なる「ルート」を示しただけの話だと受け取ったからです。
ただ、秀吉の朝鮮出兵の際に陶工を連れ帰った話であるとか応仁の乱以前に沖縄にとどまった大陸系渡来人の話などありますので、やはり日本人の中のそれぞれの人の血にも、さまざまなDNAが受け継がれているのは確かだと思います。そしてまじりあって今を形成しているということが科学的事実であり、日本人を単一の血の定義では縛れないという陣さんが常に発信されていることと符合する(単一の血族であってほしい人には申し訳ないのですが)なと思ったからでした。
合田さんも書いてくださいましたが、このまじりあってきたことが科学的に証明されたことは、通常言われるような迫害や民族浄化が行われていないという確実な証拠であり、また時代時代を彩ってきた日本独自の文化を形成した要因であったりと、誇りにすら思える記事で、追い風となる話だな、と思った次第です。
言葉は、受け取り手によって発信側の意図を超えるということなのでしょうね。でもどんな受け取り方をなさったとしてもご自身が感じられたことを消さなくてもよかったと思いました。
彼女の問題提起のおかげで、私が言葉足らずで誤解させてしまったとはいえ、議論が深まったと思いますし、語り合うことで各々の考えもわかるようになりますよね?
だから、どんなことでも(私も知らないことばかりでお恥ずかしいと思いながら投稿してます)残しておいてほしかったな、と思いました。あとから見る方にとっても、記録は助けになりますしね…
6月21日 1:10
Tsubaki Minezaki
有田焼の始まりは秀吉が連れてきた今の朝鮮半島のの陶工だったのだと聞いた事があります。
(間違ってたらごめんなさい)

特にこのグループは話の流れがあるので、以前お話しした事やどのような目的があっての投稿なのかが時系列をみたら分かると勝手に解釈した私も責任を感じています

日本人なら絶対しない
日本人のやることじゃない

この事件はチョンのしわざ

何も確定してない内にこのように騒ぐことが多々見受けられます。
そのうち、どんな寄稿もチャイナやコリアの息のかかったもののように取り
クレームを入れ
保守派という人達はどんどん引かれてネトウヨというレッテルを貼られている

これ一番喜んでいるのはいったい誰なのか?
想像したら分かるきがします。

なのでそこに拘った陰謀論を語るより、法律的に許してきた国内政治に目を向ける方が解決もできるような気がします

アイヌ問題はその最たるもので
はじめこそプロレタリアートに利用されつくしましたが
今やその主導権を握り、沖縄の自己決定権グループにどれだけ力を貸してきたか

そしてその人達が訴えてきた
差別、搾取の欺瞞をくつがえすには良い材料が科学的に出てきている事はとても力づけられるわけですね

けしてチャイナやコリアをあなどってはいけないですが

国内で解決させなければならない
そのためには、
知識として、防御、防衛の観点から理解し
それらを利用させないよう、そしてその手中にはまらないように進めないといけないのかと思うわけですね
6月21日 8:28
Tsubaki Minezaki
守谷さん
投稿にイイねが押されてるようなのでご覧になったのかもしれないと勝手におもってます。

ちなみに私はこちらのグループの管理人なので私をブロックされては困ります。
何か指摘しなくてはならないような投稿に手出し出来なくなるので
その旨お伝え頂けたら幸いです
6月21日 8:32
守谷 あかね
椿さんのコメントをコピーして投稿しますね。

投稿にイイねが押されてるようなのでご覧になったのかもしれないと勝手におもってます。

ちなみに私はこちらのグループの管理人なので私をブロックされては困ります。
何か指摘しなくてはならないような投稿に手出し出来なくなるので
その旨お伝え頂けたら幸いです
6月21日 21:53
Tsubaki Minezaki
お手数かけてすいませんm(_ _)m
ありがとうございます!
6月21日 22:04
<< 2015年06月23日 by 合田一彦 2015年06月14日 by 峯木 貴 >>