映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
2015年07月31日by Tsubaki Minezaki
2015年07月30日by 合田一彦
2015年07月30日by 合田一彦
2015年07月30日by 合田一彦
2015年07月28日by 合田一彦
2015年07月28日by 砂澤 陣
2015年07月23日by 砂澤 陣
2015年07月23日by 合田一彦
2015年07月22日by Takahiro Saito
2015年07月18日by 砂澤 陣
2015年07月05日by 合田一彦
2015年07月04日by 砂澤 陣
2015年07月02日by Takahiro Saito
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年07月30日 by 合田一彦 2015年07月28日 by 砂澤 陣 >>
合田一彦
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/museum/pdf/ilm-bulletin004-07s.pdf#page=11
ふむふむ。地元博物館の公開資料は参考になるな。
アイヌ遺跡から出土した加工銭(寛永通宝)は、アイヌの祭祀や装飾に使用されていたと考えられる、と。
つまりは、和人対アイヌの関係が、一方的な奴隷制ではなく、また強制による使役でも無く、対価を支払っての交易があったこと。それも物々交換ばかりでなく、対価を通貨で支払う貨幣経済が成り立っていた事が伺える。
となると、やはりアイヌ内部においても貨幣経済の常として、富の集中と貧富の差、階級社会が成立していたのだろう。
原始共産制のムラ社会であれば、物々交換のみか、それに近い体制となり、漁撈・農産・狩猟の成果はいずれも朽ちてしまうため備蓄による富の集中が起こりづらく、極端な貧富の差は生じにくいと言われている。
なお、穀物のみは多少の備蓄が可能ではあるが、アイヌの穀物生産はヒエなどだから、蓄積による富の集中としては規模が小さいだろう。
しかし貨幣経済が導入されていたとすれば、それは原始共産制ではなく、権力による富の集中が容易く生じる資本主義社会であり、階級社会が成立する。
彼らの言う平等なムラ社会だったというのは、どこに存在していたのだろう?

7月26日
Takahiro Saito
なるほどですね〜!!今回も納得させて頂きます!
7月26日 22:41
砂澤 陣
針は所謂アイヌにとって非常に貴重なもので、それをどれだけ多く持っているかで貧富が分かったと言います。
昨今、アイヌは先祖代々受け継いだ模様等と恥ずかしげもなく口にしていますが、その殆どが観光で見世物として人前で踊るようになってからで。

刺繍も何種類かありますが、生地が手に入りにくい内陸部は糸だけ、比較的記事が流通しやすい海岸部などでは、切りぶせというパッチワークの手法が取られていますが、これを作れたのも相当裕福な極一部に限られていたとされています。

想像して見て下さい!江戸末期から明治にかけて日本人がどの様な服装をし農民がどの様な格好をしていたか?

アイヌの伝統的と言う物は全てと言ってよいほど「アイヌ以外」が作った物で博物館に行って冷静に見ればそれは誰にでも明らかです。
刀も漆器もペンダントも硝子も全てアイヌが作った物ではなく毛皮などと交換して手に入れた物です。

ペンダントを持てた物は極少数で、他は粘土を乾燥させた物に糸を通して代用していたのです。

刀や漆器は当時、和人にとっても非常に高価な物で、アイヌは一夫多妻というか妾を持つのが常識で、ウタリ(下僕・召使)の様な物を抱えるのが普通で、部落の酋長の妾等に手を出したりする時に折檻に使った道具も存在します。

ギリヤークとの関係の中でもアイヌ側はメノコ(女性)を奴隷や物々交換にも使っていた史実残っています。

今も、アイヌ協会は、道や市の調査などがあると協力したら保存会で踊らせない!財)アイヌの助成を受けさせないと平気でお年寄りの女性を脅したり恫喝しています。これは間違いなくアイヌの伝統文化でしょうね。
7月28日 15:02
合田一彦
はい。北海道の縄文人の遺跡からは漆を使った道具もあり、またその後の時代の遺跡からも鉄器が出土されるなど、いろいろな文化が有ったとされています。
が、アイヌ文化になってからは、漆を使った道具を「作る技術」は伝わらず、製鉄も行われず、ほそぼそと鉄器の鋳掛(いかけ:壊れた鉄鍋などの穴を叩いて塞ぐなどの簡単な加工)くらいしか伝わらなかったようです。それで、和人の鍛冶屋にマキリ(猟刀)を作ってもらう話が残っている訳ですね。

また江戸期に和人の画家が描いたアイヌ酋長(族長)の姿絵には、陣羽織と太刀など、それこそ和人から求めたモノを身に纏い、それが「立派なアイヌ酋長」の飾り立てた姿という訳ですから、彼らが先祖伝来の伝統を大切にして重んじていたとは、とてもとても(笑)。

いわば、織田信長の南蛮渡来の騎士の甲冑鎧を身に付けた姿絵を観て「ああ信長さんは日本古来の伝統を重んじているな」とは誰も思わないでしょう?
それがアイヌの発言となった途端に、彼らのいう事は正しい、彼らは伝統を重んじて生きてきた、和人に文化を侵食・侵略されてアイヌの文化が損なわれたのだ、と言い立てる主張を、考えも無く「彼らの言うとおり」と賛同してしまうのは、あまりにも考え無しと指摘されても仕方ないでしょう。
7月28日 15:21
砂澤 陣
合田さん。ごもっともです。アイヌと言う色眼鏡と侵略という偏見を取り除いて客観的に歴史を見て行くとアイヌの言う一方論が如何に矛盾しているか誰の目にも明らかだと思うのですが・・・
7月28日 15:32
Takahiro Saito
凄い〜〜!!本当にいつも勉強になります。どうもありがとうございます!!
7月28日 20:13
砂澤 陣
Saito君。斎藤君にブロックされてるんだけど何故?w
7月28日 20:16
<< 2015年07月30日 by 合田一彦 2015年07月28日 by 砂澤 陣 >>