映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
2015年08月31日by 砂澤 陣
2015年08月31日by Tsubaki Minezaki
2015年08月30日by 砂澤 陣
2015年08月30日by 田原 秀樹
2015年08月29日by Tsubaki Minezaki
2015年08月28日by Tsubaki Minezaki
2015年08月21日by 合田一彦
2015年08月21日by 砂澤 陣
2015年08月18日by 砂澤 陣
2015年08月14日by 砂澤 陣
2015年08月07日by 合田一彦
2015年08月07日by 合田一彦
2015年08月02日by 合田一彦
2015年08月02日by Takahiro Saito
2015年08月01日by 砂澤 陣
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年08月02日 by 合田一彦 2015年08月01日 by 砂澤 陣 >>
Takahiro Saito
          「泥沼の二風谷ダム」
 1997年、二風谷ダムを盾に二風谷ダム裁判を起こし萱野茂、貝澤耕一によってアイヌ民族の先住性が認められ、ダムで土地を奪われたとして補償金も勝ち取ったのですが本来、このダムで一番被害を受けたのがこのダムの沙流川下流域の住民だったのです。
 ダム完成後、下流域の日高門別地区の井戸水が枯れ、地域住民の節水を余儀なくされ温泉施設「門別温泉とねっこの湯」も営業時間を短縮強いられた事態にもなったのです。今では新たな井戸を採掘して改善に努めていますが少雨になると今でも地下水が低下し地域住民は困惑しているのです。
 更には同じ下流域において漁業にも影響を及ぼしているのです。沙流川河口付近においてホッキ、シシャモ等の漁獲高がダム完成後に著しく減少しているのです。ダムによって上流から流れて来る砂が塞き止められ、変わって泥が流れ堆積し漁師の死活問題に発展しています。しかし、開発局側は真っ向から影響を否定し何の補償も受けれないまま途方に暮れているのです。
 そんな二風谷ダム訴訟で先住民族でもないアイヌがこの裁判で先住性が認められ更にはアイヌの聖地といわれる二風谷の町がダムによって沈んだ訳でも無い、貝澤氏の通い農家の畑だけで補償金を奪い取り、更には二風谷地区の上流で建設を進めている平取ダムにおいても「アイヌの聖地がまた奪われる!」と騒ぎ立て新たな補償金を狙おうと国を強請っているのです。
 全く被害を受けていない者が嘘言で潤い、本来被害を受けた者が補償されないこの矛盾した現状、私はこれからもこの問題を追及していきたいと思う。

8月2日 20:25
鈴木 直志
ありがとうございます。シェアさせて頂きます。
8月2日 22:25
Takahiro Saito
鈴木さん、こちらこそ有難うございます。宜しくお願いします。
8月2日 23:02
<< 2015年08月02日 by 合田一彦 2015年08月01日 by 砂澤 陣 >>