映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
2015年08月31日by 砂澤 陣
2015年08月31日by Tsubaki Minezaki
2015年08月30日by 砂澤 陣
2015年08月30日by 田原 秀樹
2015年08月29日by Tsubaki Minezaki
2015年08月28日by Tsubaki Minezaki
2015年08月21日by 合田一彦
2015年08月21日by 砂澤 陣
2015年08月18日by 砂澤 陣
2015年08月14日by 砂澤 陣
2015年08月07日by 合田一彦
2015年08月07日by 合田一彦
2015年08月02日by 合田一彦
2015年08月02日by Takahiro Saito
2015年08月01日by 砂澤 陣
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年08月14日 by 砂澤 陣 2015年08月07日 by 合田一彦 >>
合田一彦
つまるところ、アイヌ問題と言うのは、たとえば民族か少数部族か、はたまたアイヌ人かアイヌ系日本人か、といった学術的議論は別枠の話に過ぎない。
彼らが主張するところの「北海道はアイヌの土地だった」という虚構も既に科学的知見により否定されている。
・北海道の縄文人には見られないDNA上の特徴がアイヌ人には確認でき、それらは北方系(ロシア北東部・アリューシャン系)に由来すると考えられる。
・アイヌ文化の成立自体が、本州から大量に運び込まれた鉄器の影響であり、どのように考えても「先住」ではなく、せいぜいが同時期に北海道に並存していた「共生」である。(擦文時代の縄文・和人系と、北方由来のオホーツク文化人系が並存していた、という意味)
また、日本全国に残る、アイヌ語由来と考えられる地名などは、全く話が逆であり、それらは縄文由来の古い名前が残っているだけでは無いか。
つまりは「アイヌ語」が当地に古くから存在した訳ではなく、北海道や東北など、大和化されるのが遅かった地方ほど、旧来の古い言葉が残っていたと考えるほうが自然であろう。 そして、アイヌ文化成立とされる13世紀の時点では、そうした縄文由来の古語が、アイヌの祖たる北方由来の言語に取り込まれ、オホーツク文化、トビニタイ文化などの変遷を経て融合し、結果としてアイヌ語として成立したのではないか。
そのように考えれば、DNA的に北方由来の遺伝子を引き継ぐアイヌの言葉が、既に東征によって大和化されて北方民族が侵攻したはずの無い東北など日本各地に残っている謎は、充分に解釈できよう。 要はアイヌ語が古くから存在したのでは無く、古くから有った古語がアイヌ語の一部として残っている。そして地方の古い地名などには、縄文由来の失われた古語の地名があり、それと同じ古語がアイヌ語に取り込まれているから、現時点の比較ではアイヌ語の地名のように見えている、という話に過ぎない。
そしてまた、先住性が否定されたとなれば、あとは強制による文化の破壊などについてであるが、これも例えばダム建設の為に故郷を追われて村を離れた話など、当時の国土保全を目的とした土木政策上、日本国中に見られた話の一つに過ぎない。
彼らが言うところの二風谷のダム訴訟についても、「アイヌ」が決して一つの部族ではなく、一つの信仰的象徴を共有していた訳ではないことからも、二風谷はあくまでも当地の沙流系アイヌにとっての祭儀の場所に過ぎず、決して「アイヌ(民族)の聖地」ではない。
ということは、ダムの底に沈んだ村々の人たちが信仰していた村の鎮守の森など、村と共に水底に失われた信仰対象の話と何の相違があろうか。
そうした事を鑑みると、アイヌにとって何が問題かと言えば、一部の人たちがそうした虚構を主張して「失われた権利」に対する保障を求め、アイヌ優遇施策とも言える「特権階級」を要求し、一部それが実現して逆差別が生じていることが問題として指摘されているのだ。
いわば在日問題というか特別永住者許可証の逆差別問題と同じ構図なのだ。
在日朝鮮系の方々の中にも、親や親族とのしがらみの為に帰化せずに暮らしている人も居るが、そうした人たちは精神的には既に日本人で、親族とのしがらみが終われば直ぐにでも帰化申請して名実共に日本人として暮らしたいと考えている。
そうかと思えば、有りもしない強制連行を持ち出し、戦後いつまでも「帰国しない選択」を自ら選んだにも関わらず、在日二世、三世となっても未だに自分たちは在日であって日本人では無いと主張したり、民団などの組織ぐるみで親族への扶養目的の所得控除を悪用して脱税するなど、日本のインフラの「ただ乗り」をして良い気になっている愚か者も居る。
朝鮮の併合問題、アイヌの同化問題、いずれもその時代、その時点での政策として必要であると考えられたからこそ行われた訳で、決して朝鮮人を淘汰するとか、アイヌ人を撲滅するとか、そういった悪意があっての事では無い。その時代の最善の選択として行われたものである。
つまりは、どのような国家であっても、その時点で必要とされたから行われる施策については、国民もまた国を維持する責任を担うものであり、例えば戦争中には戦時徴用などに協力するのもまた国民の義務であって、そこで「逃げたい」と思うのは個人の勝手だが、実際に「逃亡」するのは国民として無責任である。
ましてや「国家への協力」が必要とされた時点の行為を、後の世になって「あれは人権侵害であった」とか「民族への弾圧であった」と言いたて、それに基づいて「今の生活への補償と、当時の損害への賠償を求める」など、言語道断であろう。
つまりは、民族を主張しようが、古き民俗として文化伝承のNPOが活動しようが、博物館や大学の研究対象として縄文や擦文の遺跡調査と同じように研究するなど、そうした事には誰も何も異論は無いし、調査する事で様々な歴史上の発見もあることだから、それは寧ろ積極的に行うべきとは思う。
ただ、それと「損なわれた先住民族だから保護しろ」という要求とは全く別の話であり、そうした要求を行うことが、却って文化の保護にとっては足を引っ張る行為になり兼ねない。いわば韓流ゴリ押しの結果、在日特権問題が顕在化し、コリアンタウンに閑古鳥が鳴くばかりか多くの人に反韓、嫌韓が広まったのと同じ結果になる。
そうした事を考えもせず、北米のネイティブアメリカンやニュージーランドのマオリ、豪州アボリジニなどの「欧米人が侵入するまでは完璧に彼らだけで暮らしてきた先住民」と、並存によって生まれたアイヌ文化を同一であるかのような嘘の「先住民族」を喧伝し、それを以って「マオリが尊重されているのだからアイヌも」と尻馬に乗る主張を行うから、それは違うだろう、と指摘されているのだ。
彼ら「アイヌ先住民族論」を語る人たちには、是非一考をお願いしたいところである。
8月7日 8:51
Tsubaki Minezaki
禿同です。
1987年よりNGO市民外交センターの導きで国連人権委員会 少数民族 先住民族部会などに継続して参加
実績を作り上げ1996〜7年にはそのノウハウを沖縄出身者にレクチャー→現在まで参加継続

当時からマオリ族との親交が深まり交流が盛んでありますが
合田さんの書かれたように
その環境や歴史的背景も含めて全く違うわけです。

世界の少数民族や先住民族の方々と触れ合う中で
其れ等と全く違うことからほぼ一致に持って行く流れの中に洗脳があったのを最近感じております。
8月7日 9:25
鈴木 直志
シェアさせて頂きます。
8月7日 11:47
Takahiro Saito
明日、札幌でアイヌ協会が「先住民族としてのアイヌ」の講演会が行われますがどのような説明をするのか参加したいところです。
8月7日 20:52
<< 2015年08月14日 by 砂澤 陣 2015年08月07日 by 合田一彦 >>