映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
2015年08月31日by 砂澤 陣
2015年08月31日by Tsubaki Minezaki
2015年08月30日by 砂澤 陣
2015年08月30日by 田原 秀樹
2015年08月29日by Tsubaki Minezaki
2015年08月28日by Tsubaki Minezaki
2015年08月21日by 合田一彦
2015年08月21日by 砂澤 陣
2015年08月18日by 砂澤 陣
2015年08月14日by 砂澤 陣
2015年08月07日by 合田一彦
2015年08月07日by 合田一彦
2015年08月02日by 合田一彦
2015年08月02日by Takahiro Saito
2015年08月01日by 砂澤 陣
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年08月21日 by 合田一彦 2015年08月18日 by 砂澤 陣 >>
砂澤 陣
『定義に対する提議』
アイヌ問題は歴史で捉える方と政策で捉える方の両方います。
一番分かり易いのは誰しもが共通の答えを出せる『数字の辻褄』に答えを見出せるはずです。
歴史的検知は多くの議論がされる必要があると思われますが、政策に関しては、ある一定の矛盾を抱えつつも定義を引かなければならないはずです。
アイヌと言う定義を利権アイヌ派のお抱え教授や自称研究者は、アイヌの定義を言うなら日本民族の定義は何であるか?という支離滅裂な回答を返してきますが、彼らがアイヌオタクの中でアイヌゴッコをする分には干渉するものではありませんが、政策を受けるといった側面では明確なガイドラインが必要とされなければなりませんが、
ここで、一つ冷静に考えて頂きたいのは『同じ日本国民で同じ権利を有している者達の中で何故に定義のないアイヌというものに憲法違反とも言える生活支援政策が存在するのか?』
そして、それが全て税金で行使されており、尚且つその8割以上の割合で詐取が行われているという現実です。
ここに何度も書いてきましたが、アイヌと言うものは他称から自称に変わった変換工程があり『アイヌ民族』という『物』は存在しえませんし言語・文化・系譜が統一され過去の歴史上一つにまとまった事実はありません。
基本的に世界中の少数部族、特に自然への依存度が高く四季に合わせて移動していた少数部族が大きな集団を形成しえなかった事実は『所謂アイヌ』にも当てはまります。
諸外国の先住民政策は明確なガイドラインが決められていますが、日本には何も存在しません、ここでも一つ冷静に考えて頂きたいのは、どこぞの国の様にキツネ狩りと称して大量虐殺や文化の破壊を日本は行って来た訳では有り得ないのに、諸国の先住民政策と同じ捉え方をされている矛盾を忘れてはならないはずです。
アイヌ政策の矛盾は=アイヌ史の矛盾
これは陰謀論でも何でもなく大手を振って罷り通っている国の政策です。
歴史の他に数字の矛盾を考えるのは非常に面倒ではありますが、現状を直視する上では必要不可欠な事ではないでしょうか?
数字と言う明確な証拠を差し出しても差別と摩り替えられる以上、ここを精査出来ないようでは誤った歴史認識の壁は崩せないと考えるのは私だけでしょうか?
定義のないアイヌ政策の存在と、その現実について問題提議し修正出来ない現代社会は弱っていると「言わざるを得ない」
8月21日 13:00
<< 2015年08月21日 by 合田一彦 2015年08月18日 by 砂澤 陣 >>