投稿記事はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

新聞記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

01 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (1...
02 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (2...
03 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (3...
04 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (4...
05 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (5...
06 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (6...
07 人種差別撤廃委員会最終所見
08 人種差別撤廃委員会最終所見 (2)
09 人種差別撤廃委員会最終所見 (3)
10 人種差別撤廃委員会最終所見 (4)
11 人種差別撤廃委員会最終所見 (5)
12 河野本道氏 資料ファイル イメージ画像
13 河野本道氏 関係記事一覧
14 「北海道ウタリ協会」の不正行為告発 透けて見...
15 アイヌ協会 不適切会計 新たに75件 計82...
16 アイヌ協不適切会計 ずさん使用浮き彫り 道、...
17 道アイヌ協 会計適正化へ改善策 外部監査や倫...
18 アイヌ民族へ奨学金 札幌大 来春入学者から
19 アイヌ民族修学資金貸付 道、21億円の返還免...
20 アイヌ協会札幌支部 作品売却など「不適切」事...
21 アイヌ協会 外部監査を導入 道指導 また不適...
22 アイヌ協会 外部監査を導入 道指導 (続き)
23 アイヌ民族職訓問題 道が月内にも対応策
24 アイヌ協に711万返還請求へ 道と道教委 釧...
25 アイヌ政策 改善勧告 国連委が最終見解公表
26 アイヌ協会釧路支部 3事業で不明朗会計 慰霊...
27 アイヌ協会釧路支部の関係先 道が立ち入り調査...
28 代議員選出方法「もっと透明に」アイヌ協会に道...
29 アイヌ民族 認定基準を厳格化 道方針、協会に...
30 「アイヌ新法」明記へ 現実的要望実る 継続審...
31 アイヌ民族側 賛否割れる「よく取りまとめた」...
32 札幌大 アイヌ対象に奨学金 全国初めて 積極...
33 アイヌ政策 総額10億円 10年度予算案 新...
34 アイヌ民族へ奨学金 札幌大 来春入学者から
35 アイヌ民族職業訓練 不適切会計 道、47万円...
36 不適切会計処理 アイヌ協などに711万円請求...
37 返還免除基準厳しく アイヌ民族修学貸付 年収...
38 アイヌ協支部不正会計問題 710万円返還請求...
39 道アイヌ協会の補助金問題 道、国と連携し返還...
40 不正会計問題で立ち入り 道、アイヌ協会関係先...
41 アイヌ協、補助外支出 工芸品事業で 道、返還...
42 アイヌ民族法制定を 旭川の協議会 政府に申し...
43 アイヌ協会支部の不適切会計 道職員が水増し指...
44 不適切会計防止 知事が協議表明 アイヌ協幹部...
45 アイヌ民族の職訓運営を是正指導へ
46 訓練生に交通費不正受給指示か
  ■ No.14  
prev 「北海道ウタリ協会」の不正行為告発 透けて見える国・道の“上っ面先住民族政策” next
  「北海道ウタリ協会」の不正行為告発 透けて見える国・道の“上っ面先住民族政策”  
  「北海道ウタリ協会」の不正行為告発

透けて見える国・道の“上っ面先住民族政策”

二重、三重の補助金受給


クォリティ 2008年8月号

今回情報を寄せたのは、彫刻家・砂澤ビッキ氏の息子で、「2代目 砂澤ビッキ」を名乗る砂澤陣氏。砂澤氏によると--。
「ここ最近、毎日のようにアイヌ民族問題が取り上げられているが、腐敗きわまりないウタリ協会の体質に砂澤ビッキの息子として一言言いたい」とした上で、
「一部一族による協会の私物化、福祉対策の悪用、協会役員によるセクハラ・パワハラ、役員人事の不正、実体のない職業適応訓練と不正受給、ハローワーク・ウタリ担当職員と役員との癒着等々、数え上げれば切りがない。ウタリ協会に使われているお金は税金であり、襟を正す必要がある。お役所の同協会に対する無責任な丸投げ行為も、新たなアイヌ問題を引き起こす一因だ」と語り、
「ウタリ協会役員は権限を会員に振りかざし、協会が認めないと福祉も訓練も受けさせないなどと脅し、こうした行為が日常当たり前になっている。私自身、大きな疑問を抱きつつウタリ協会に入り、いろいろなことを調べ、多くの会員の声を聞き、その声を届けるべく活動している。こうした発言をすることで大きな問題になるのは覚悟している。協会の実態、本質にぜひメスを入れていただきたい--」
また、今回告発に至った理由については、
「当初ウタリ協会とは一切関わりを持たないつもりでいた。しかし、協会の詳しい内情を人から聞いたり、生前父と折り合いの悪かったはずの協会が父の名を勝手にあちこちで使っていることを知り、黙っていられなくなった」と話す。
北海道ウタリ協会は、1930年設立の北海道アイヌ協会を前身に、46年に社団法人北海道アイヌ協会設立、認可。61年に現名称へ変更し現在に至る。
主な事業内容は、各種貸付金の貸付、民族文化の保存・伝承及び発展に関する事業などで、入会の条件としては、①アイヌの血を引いていること ②アイヌ人と

--------------------
6月8日に国会で「アイヌ民族を先住民と認める決議」が採択されたり、サミット開催に合わせて7月6日に「アイヌ民族サミット」(北海道ウタリ協会主催)が開かれるなど、このところアイヌ民族の権利回復への機運が高まっている。
そんな折、本紙に「道ウタリ協会があらゆる不正行為を働いている」との情報が寄せられた。その主は、アイヌ民族の血を引く世界的な木彫りの彫刻家・砂澤ビッキ氏の直系--。ただならぬものが感じられる中、真相を追った。
--------------------