映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
2015年09月30日by 砂澤 陣
2015年09月27日by Minoru Kaneko
2015年09月27日by 松原 宗生
2015年09月26日by 合田一彦
2015年09月26日by 望月 慎介
2015年09月25日by 辻 晴雄
2015年09月25日by 森田 佐和子
2015年09月25日by Tsubaki Minezaki
2015年09月25日by 合田一彦
2015年09月23日by 砂澤 陣
2015年09月22日by 大重 淳
2015年09月21日by 合田一彦
2015年09月21日by 岡山 隆
2015年09月20日by 合田一彦
2015年09月20日by 合田一彦
2015年09月20日by 砂澤 陣
2015年09月18日by 新垣 亜矢子
2015年09月16日by 生方 太郎
2015年09月16日by 砂澤 陣
2015年09月16日by 合田一彦
2015年09月16日by 合田一彦
2015年09月16日by 合田一彦
2015年09月15日by 柯嘉馬
2015年09月15日by 高木 豊昭
2015年09月15日by 合田一彦
2015年09月15日by 合田一彦
2015年09月14日by 砂澤 陣
2015年09月14日by 合田一彦
2015年09月12日by 砂澤 陣
2015年09月10日by 合田一彦
2015年09月09日by 砂澤 陣
2015年09月08日by 合田一彦
2015年09月06日by Etsuko Obara
2015年09月06日by 砂澤 陣
2015年09月06日by 砂澤 陣
2015年09月06日by 砂澤 陣
2015年09月06日by 砂澤 陣
2015年09月06日by 砂澤 陣
2015年09月03日by 峯木 貴
2015年09月02日by 森本 祈
2015年09月02日by 田中澄子
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年09月06日 by 砂澤 陣 2015年09月02日 by 森本 祈 >>
峯木 貴
■シャクシャインの戦いの本当の理由
「シャクシャインの戦い」をwikiで調べると、冒頭に、
「シブチャリ地方の漁猟権をめぐる争いを続けていた。」
これだけ読むと、漁猟権の争いなど、日本全国どこでも起きているので、そうたいした理由ではないと考えてしまう。
しかし、シャクシャインの戦いの起こった1669年は、日本では火山の活動期であり、今の火山噴火とは比べ物にならないほど巨大噴火(雲仙普賢岳を超える噴火)が北海道の南部を中心に頻発した時期であるそうだ。
そうなると、食料を得るのにかなり苦労したに違いない。そこまで飢えていたら、食うか食われるかの世界である。戦いの発端などはどんな理由でも構わなかったのだろう。
9月3日 7:10
砂澤 陣
峯木さん。1669年寛文9年(江戸時代)この少し後に日本人なら誰もが知る赤穂藩主の浅野長矩が高家の吉良義央に江
戸城内で刃傷に及んだ「松の廊下事件」が起きた頃の出来事ですね。

『現代用語の自称としての「アイヌ」という言葉から考えると間違いが起きる』これは、故河野氏に私も教えられた事です。この争いは日高地方の集団と東部の争い若しくは『御見方蝦夷』とされる松前と近しい集団との争いで、峯木さんの仰る通りに、この年代には生活資源の枯渇に関わる変化があったことは、シャクシャインの闘いを紐解く時に決して無視できないことですし、シャクシャインの娘婿がいわゆる「和人」であったことも無視できません。

特に『御見方蝦夷』と呼ばれる「いわゆるアイヌ」の事は触れられる事はありません。いわゆる現代アイヌにとって松前側に付いていた事実は非常に都合の悪い事なんですね。
(追)この戦いはアイヌVS松前(和人)という単純な二項対立では有り得ない。

シャクシャインの法要祭が毎年多額の税金を使い行われているのですが、ここに小銭欲しさにシャクシャインと敵対側の子孫が出てきてアイヌの英雄と祭り上げ踊っている姿は私からすると滑稽で仕方ありません。

余談ですが、この法要祭には毎年、解同の幹部が招待され参加しているだけではなく、鈴木・野中・今津・町村の関係者(秘書等)等も必ず参加しています。

ここでも慢性的にイベントのギャラの横領や水増しがいまだに続いています。
9月3日 12:51
峯木 貴
なるほど、原因は「飢餓」という単純なものを考えていましたが、かなり複雑な様相になっていたのですね。
9月3日 13:03
砂澤 陣
アイヌ史が都合の良いところだけを掻い摘んで繋ぎ合せた物やアイヌと言う言葉の呪縛の影響もあるんでしょうね。この時代には飢餓や貧困による口減らしが全国的に行われていましたし、生類憐みの令が出されたり、少し時代は後になりますが天保の飢饉の影響で、農地は荒廃し江戸には、たくさんの農民が流入していました。
1843年天保14年に、農民の出稼ぎを禁止し、江戸に流入した下層民を「強制的に帰農」させ、農村の再建を図ろうとした「人返し」も行われています。

日本国内がまだまだ混沌としていた時代で、北海道も例外ではありません。エンチュウやクリルといった者達を雑に一括りにしアイヌと呼び弱者として扱う事を長年無意識に刷り込まれてきた後遺症はなかなか抜けるものではありません。

所謂アイヌと呼ばれる少数部族は極めて好戦的で殺し合いが頻繁に行われ、そこに風呂に入らない習慣による性病等による人口の減少や近親相姦が横行し、松前の統治によってそれらに一定の歯止めが掛けられています。

人の混交や文化社会の系譜は常に絶えることなく続いています。
所謂アイヌも例外では有り得ないはずです。
北海道という区切りではなく日本史~世界史という流れの中で不通に調べただけでもアイヌ史の矛盾は沢山見えてきます。
9月4日 12:05
<< 2015年09月06日 by 砂澤 陣 2015年09月02日 by 森本 祈 >>