映像資料はこちら

アイヌその真実

The truth of AINU

Team JAPAN

投稿記事

概要 投稿内容 新聞記事ほか 映像資料 記事検索 Menu(予定.6)

アイヌその真実 2015年11月
2015年11月15日by 合田一彦
2015年11月15日by 蠣崎椿
2015年11月15日by 合田一彦
2015年11月13日by 合田一彦
2015年11月13日by 合田一彦
2015年11月13日by 蠣崎椿
2015年11月12日by 蠣崎椿
2015年11月12日by 合田一彦
2015年11月12日by 蠣崎椿
2015年11月11日by 合田一彦
2015年11月08日by 秋野英夫
2015年11月08日by 栗原 礼
2015年11月06日by 合田一彦
2015年11月05日by 東海 直樹
2015年11月04日by Emmanuel Chanel
2015年11月02日by 辻 晴雄
2015年11月01日by Yoko Sakakida
アイヌその真実 2015年10月
アイヌその真実 2015年09月
アイヌその真実 2015年08月
アイヌその真実 2015年07月
アイヌその真実 2015年06月
アイヌその真実 2015年05月
アイヌその真実 2015年04月
アイヌその真実 2015年03月
アイヌその真実 2015年02月
アイヌその真実 2015年01月
アイヌその真実 2014年12月
アイヌその真実 2014年11月
アイヌその真実 2014年10月
<< 2015年11月12日 by 合田一彦 2015年11月11日 by 合田一彦 >>
蠣崎椿
北海道へ取材にいってまいりました
そもそもの目的は実際目にして感じ、この先どなような展開に向かおうとしているのかを知ることでありましたが、
とてつもない大きな差別利権の壁がタブー化され腫れ物になり北海道各地で展開されていました。
特に今一番の私の関心ごとは
白老町に建設予定の博物館です。
2020年に向けてとの事ですが、そう
東京オリンピックに間に合わせるように建設するのだろうと…
なぜならば、民族が共生してる豊かな国アピールを世界にしたい国とそれに伴う利権に群がるアイヌ協会の思惑は合致している
建設予定地はアイヌ協会員が購入していて、そこを国に高く買い取らせる構造なのではないでしょうか
またそのシンボルチックな建物と共にオリンピックで共生をアピールするために行進する話が聞こえてきます
いずれにせよ、日曜の昼間にお客様がほとんどいらっしゃらなく、箱物を作ってどうするのか?
職業訓練とかの名目で支援され、その中で製作したタペストリーなどを札幌駅さながら高額なレンタル料を、支払って展示するのか?

11月12日 7:32
中公 竹義
アイヌ文化に見るべきものが少ないことが課題ですね
利権に群がっていてはダメです
11月13日 13:33
蠣崎椿
中公さん
コメントありがとうございます
残念ですが、利権云々が基軸でありますが税金を私物化した犯罪の温床になっていましたよ。
北海道民の中でタブーなのではないでしょうか?
許可なく調理室があり、由縁なくこじつけて建物を作り、莫大な予算をつぎ込む。

言いすぎたらごめんなさい
日本で一番終わってると思いました。
沖縄より酷いです。
11月13日 13:52
合田一彦
内容が「縄文展示」や東北地方などの北国の「民俗・民芸・生活展示」と被っているんですよね。 観るべき「アイヌ独自」と誇れるところが少ないのに、その少なさを補おうとして有りもしない「文化」を捏造するからボロが出る。 陣さんが指摘していた例の楽器もそう。 北海道には「竹」は生えないのに(函館などごく一部に和人が持ち込んで植えた分だけらしい)、何故だか竹を使った楽器と、それを用いた音楽がある、と言い張る不思議。 そして作っても居ない漆器をアイヌ展で展示する不思議。本当に不思議がいっぱいの不思議ワールドです。
11月13日 14:34
<< 2015年11月12日 by 合田一彦 2015年11月11日 by 合田一彦 >>